2009年 03月 14日
3月8日日曜日は
Festa della donna.( 女性の日)だった。
イタリアでは男性が女性にミモザの花を贈る習慣がある。

本当はこの日、世界的には女性の参政権獲得ための運動が始まるなど、かなり政治色の強い日なのだけれど、
ここイタリアでは、ちょっとニュアンスが違って、どこかバレンタインデーの様な雰囲気がある。
肉屋さんなどが買い物客の女性に商品と一緒に小さなミモザの花をプレゼントしたりする光景を目にする。

さて2009年のこの日、私はミモザをプレゼントしなければならない妻の元におらず、遠くはなれたフィレンツェにいた。
仕事だからしょうがない、と言い訳するのは日本の男の最も悪いところ。

この日の夕方、友人が新しくオープンしたレストランに行くことになっていた。
彼とは決めた時間に会える事はまず無い。
案の定、レストランに着くと彼はおらず、不機嫌な顔をした彼女が迎えてくれた。
友人が朝からミモザの花を贈ってくれないので怒っているのだ。

あちゃー、Uターンして帰ろうかと思ったが、がっちり腕をつかまれて愚痴を聞かされるはめに。
ビールを2杯飲む間に、彼女はまくしたてる。いかにこういう伝統的な事が大切なのか、子どもの教育に、そして愛する女性のために。。。まるでアタシが怒られているようだ。

最後に『この日に奥さんのそばに居られないあなたも最低な男ね。
ミモザは押し花にしても鮮やかだからこれを持って行ってあげなさい。少し遅れても渡すべきよ。』
と小さなミモザの花束を渡された。

帰国して真っ先にヨメさんに雑誌に挟んであったペッタンコのミモザを4日遅れて渡す。
少し疲れているように見えた彼女の表情が和らいだ。

c0120439_1134552.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF
[PR]

by 08eMezzo | 2009-03-14 01:23 | 日記


<< Ragù Bianco トマト...      定点撮影 >>