2009年 04月 01日
La meglio gioventù (The Best of Yourth)
だいぶ前にDVDプレーヤが壊れ、PS2で代用していたが、そろそろ海外から時々買ってくるDVDを見るために秋葉原へプレーヤーを買いに行った。

DVDはご存知のようにリージョナルコードなるものがあり、例えばアメリカから買ってきたリージョナルコードが1の DVDを、リージョナルコード2の日本のDVDプレーヤーで再生出来ないようになっている。

ヨーロッパは、日本と同じリージョナルコード2だが、日本はNTSC(30fps)ヨーロッパはPAL(25fps)というフレームレートが違うビデオ信号を使うので、そのままでは再生が出来ない。

ところが、海外駐在などで海外生活する人が、自国のDVDを滞在先で見たいというニーズがある。
これに対応するのがリージョナルフリーのプレイヤーで、プロテクトがないのでどこのDVDも見られるし、NTSCとPALのシグナルの変換もしてくれる。しかも秋葉原にいけば一万円以下で買える。

で、パナソニックのものを7K円程度で入手、今更ながらにニューシネマパラダイスのノーカット版であるとか、絶対に日本では発売されないだろう、ばかばかしいイタリアお笑い系(Vacanza di Nataleシリーズなど)をみたりしている。

そんななかで、出張中なにげなしに手に取り、買ってきたDVDでとても良かった映画があった。
フィレンツェのアルノ川氾濫、学生運動とテロ、ジョバンニ・ファルコーネ検事の暗殺など1960年代半ばから2002年までの折々の歴史的事件を織り込みながら、現代イタリアのある一つの家族を描いた一大叙事記だ。
ワタクシ的には久しぶりのヒットである。
題名は、La Meglio gioventù (英語タイトルはThe Best of Youth)
2003年に発表され、カンヌを始め、イタリア国内では数多くの賞を取り、かなりセンセーショナルであったらしい。400分の大作。
残念ながら日本語版はなさそうだ。(アメリカでは興行されているので、英語字幕版は米アマゾンにあります。)
お勧めです。

※追記、
後で調べたら、2005年に日本でも公開され『輝ける青春』というタイトルでDVDも売っていますね。失礼しました。
『輝ける青春プレミアム・エディション』







ちょっと好きなシーン。古いニコンが出て来ます。


[PR]

by 08eMezzo | 2009-04-01 15:25 | 日記


<< 粉ふきいもイタリア風      逓信総合博物館 >>