2009年 05月 06日
Nikon EM
1980年、名機Nikon F3と同時発売された、小型の絞り優先オート専用機。
(アイコンに使っているカメラ。クリックすると少しだけ大きくなります→)

一眼レフの持つ大きくごついイメージを払拭し、女性にも積極的に一眼レフを使ってもらいたいとのコンセプトから開発されたらしい。社内呼称は『女性専科』

現在パナソニックがやっている『女流一眼』の元祖である。

手前Nikon F3、後、Nikon EM
c0120439_101617.jpg


デザインはイタリア工業デザイン界の重鎮、G.ジョジアーロ。
今でもそのデザインは色気があってワタシは好きだ。プロポーションは完璧。
AEロックが無いのは時々不便に思うがそれ以外は至ってシンプルで使いやすい。
当時の中央部重点測光の露出値もかなり正確で、複雑な演算処理をしていると思われる最新の1005分割RGBマルチパターン測光がはじき出す値と殆ど変わらない(笑)


Verona
c0120439_10171642.jpg
Nikon EM Ai 50mm F/1.8s KR64 Kodachrome


フィルムカメラの凄いところは、基本的にどんなボディーを使っても、レンズとフィルムが同じなら出てくる絵は同じだということだ。ここでいえば、当時のフラッグシップのF3で撮ろうがEM撮ろうが、写真の質は変わらない。デジタル時代になって、画素数だ、AWB の正確さだとか、各メーカーの色に対する考え方など、カメラのボディーに依存する要素が多すぎると思う。



Verona
c0120439_10172564.jpg
Nikon EM Ai 50mm F/1.8s KR64 Kodachrome



コンパクトなので小さな50mmf/1.8といっしょにビジネスバッグに忍ばせていた時期がある。
この30年前のちいさくて可愛いカメラ、程度の良い物で1万円前後、お散歩カメラにいかがでしょう。




Verona
c0120439_10173786.jpg
Nikon EM Ai 50mm F/1.8s KR64 Kodachrome
[PR]

by 08eMezzo | 2009-05-06 10:26 | 機材


<< Mamiya M645      Golden Week >>