2009年 07月 07日
デジタルカメラと銀塩カメラ
デジタル一眼レフを最初に手にして、APS-Cサイズのその井戸の底を覗き込むようなファインダーを見続けた結果、デジタルと銀塩カメラの違いは、このファインダーだな、と思った。

その後、待ちに待ったニコンのフルサイズデジ普及機を手に入れた。
確かにファインダーは少し見やすくなったが、まだなにかが違う。

最新機種のD700をもってしても、ファインダーの見えやすさにおいて30年前のカメラのFEやF3に遠く及ばない言う事は確認できた。
が、そんなことではなく、自分の中でデジタルカメラと銀塩カメラに感じる異質さは強まるばかり。
何かが心の中で引っかかっていて、フィルムをやめられない。



Ikebukuro #1
c0120439_1039311.jpg
Canon New F-1 FD50mm f/1.4 Neopan Acros 100




自分で現像をしてみてある事に気がついた。
銀塩機はすぐ画像を確認出来ないから、ある程度手応えのあったショットを、イメージし直して心の中で反芻する時間があるという事。
撮っていて、印象に残ったり、自分の気持ちが被写体とシンクロしたような感じがしたとき、現像が上がってくるまでそのイメージと感情を大切に抱えている、というような。。。
現像時間が長く、もどかしく感じられる時は、多分そのイメージが脳内で大きくふくらんでいる時だ。



Ikebukuro #2
c0120439_10394321.jpg
Canon New F-1 FD50mm f/1.4 Neopan Acros 100



そして、上がって来た写真はその心の中のイメージとかけ離れたものであることが多く、そのギャップを埋める事が、写真を勉強する上での訓練だと言えなくもない。
でも、そんなことより、撮ったその瞬間の感情なり、感覚をある一定時間頭のどこかに保持するというそのことがとても重要な気がする。




Ikebukuro #3
c0120439_10395473.jpg
Canon New F-1 FD50mm f/1.4 Neopan Acros 100




背面液晶で撮った画像をすぐ確認する事によって、そのとき得た感情、感覚をもう一度脳内でイメージし直して、慎重に味わうということを、デジタルカメラはさせてくれないのである。



(しかし、それがフィルムとデジタルを隔てる決定的な要素ではないことも解っている。うーむ。)
[PR]

by 08eMezzo | 2009-07-07 11:12 | 機材


<< パリの地下鉄      スパゲッティ・ナポリタン >>