2009年 09月 09日
Spaghetti alla Carrettiera
スパゲッティ・アッラ・カレッティエラ
c0120439_21555252.jpg


最近息子からよくリクエストされるパスタ。
僕がイタリア料理にのめり込んだ原点のレシピで、一番好きなパスタです。
『荷駄人夫風』スパゲッティとでも言うのでしょうか。

鷹の爪とニンニクをきかせたピリ辛トマトソースのパスタ。
ローマではアラビアータ(怒った)、トスカーナではカレッティエラと呼ばれます。
私見ではローマのレシピよりトスカーナのはニンニクの量が圧倒的に多いように思います。

3人前
スパゲッティ360g
エキストラ・バージン・オリーブオイル 大さじ10(ケチると美味しくない)
鷹の爪6個
トマト缶1缶(400g)
ニンニク大2
イタリアンパセリ適宜

1、フライパンにオリーブオイル大さじ10を入れスライスしたニンニクを中火できつね色になるまで炒める。
ニンニクに色がつき始めたところで鷹の爪を入れる。(辛めが好みの場合は鷹の爪を小口切りに刻む。)

2、1を一分ほどさましてから、再び加熱しつつ、トマトを何回かに分けて手早くかき混ぜながらフライパンに入れ、さらにパスタの茹で汁をお玉いっぱいくらい加え、オリーブオイルと馴染ませる。
オリーブオイルとトマトが馴染み、ソースがどろりとなったら火を止める。

3、スパゲッティをゆでる時のお湯はこれは海水かと思うくらい塩を入れる。(パスタに塩味をつける)

4、ゆであがったパスタを手早く水を切り、2のフライパンに入れ、強火で和える。
和えるときにスパゲッティを菜箸で手早くぐるぐる渦を描くようにかき混ぜる。
乳化してさらにソースがどろりとなるまでかき混ぜる。水分が足りないようならお玉で茹で汁を足す。

5、皿に盛り、最後にみじん切りにしたイタリアンパセリを散らす。

写真はFirenzeのレストランBaldiniのカレッティエーラ
地元サラリーマン御用達で、リーズナブルで最高のトスカーナ料理を食べられます。

Ristorante Baldini
[PR]

by 08eMezzo | 2009-09-09 00:27 | 食べ物


<< 走る 5      IMAGE MONSTER >>