2010年 01月 21日
AUでiPhoneを使ってみる。
GSMという携帯電話の規格がある。
Global System for Mobile Communicationsの略で、現在、日本と韓国を除くほとんどの国で採用されている規格だ。
日本は長らく携帯のローミング鎖国状態で、日本に来る海外のビジネスマン、旅行者は自分の携帯電話の使用をあきらめざるを得なかった。

ところがこの週末、イタリアから来た友人のiPhoneは、どうもドコモとローミングされており、日本でもまったく問題なく機能している様子。

そこでひらめいたのは、わたくしのAUのGSM対応携帯のSIMカードを友人のiPhoneに差し込めば、使えるのではないかという疑問。。

c0120439_0265112.jpg
AUとTelecom ItaliaのSIM チップ、iPhonの頭の部分にSIMチップの収納口が見える。


SIMチップは、携帯の電話番号その他のデーターを格納しているメモリーチップで、たとえば、自分の携帯のバッテリーが切れてしまって、他人の携帯を借りるとき、自分のSIMカードを借りた携帯に差し込めば自分への課金として使う事が出来る。このとき電話をかけた相手のディスプレイに表示されるのは当然私の電話番号だ。

AUのSIMカードをヨーロッパの携帯に差し込んで現地で何度も使用した経験があるのでもしかしたらヨーロッパで販売されている端末を使えば、SoftBankと契約しなくても、iPhoneを使えるかもしれない。

で、やってみた。
結果は、使えなかった。電波を感知しない。Telecomイタリアのローミング先のドコモのSIMチップは使えるかもしれない。が、近くにドコモのチップを持っている人間が見当たらず実験は出来ず。
ああ残念。
[PR]

by 08eMezzo | 2010-01-21 00:31 | 日記


<< 12月のフィルム      多重露光 >>