2011年 06月 10日
NEX-5 with Super Takumar 35mm f3.5
入院中、空シャッターを切れるカメラがないのは寂しいのと、時間もたっぷりあるので、
病院の中を少しドキュメンタリーしてやろうと、NEX-5にスクリューマウントのSuperTkumar 35mm f3.5をつけて持っていった。(この組み合わせは師匠のLilywhitesさんもすでに試されている。)

c0120439_17592921.jpg
NEX-5 Super Takumar 35mm f3.5

c0120439_17582627.jpg
NEX-5 Super Takumar 35mm f3.5


結局たいしたものは撮れなかったけど、このレンズなかなか優秀だということが判った。
しっかり解像感を感じさせながらクラシックレンズの持つ柔らかさを併せ持ち、とても品の良い描写をする。


NEXにつけるとマウントアダプター自体が大きいので、そのコンパクトさを活かせない。
キットレンズの18mm-55mmの大きさとたいして変わらなくなる。
c0120439_1842088.jpg

c0120439_18283062.jpg


NEXー5は折角ボディーが小さいので、普段持ち歩くにはなんとかコンパクトにまとめたい。
キットレンズの16mm(換算24mm)、サイズはコンパクトだけれど画角的に24mmはちょっと使いにくい。
標準レンズの画角に目覚めて久しい私としてはどうしても50mm近辺の単焦点レンズで行きたい。

マウントアダプターを介した場合、フランジバックが長い一眼レフ用レンズよりも、レンジファインダー用のレンズの方がコンパクトに纏まりそうだ。

うう、またレンズ沼方面に向かっている予感。
で、病院にこんな本までもっていっちゃう始末。(笑)
c0120439_22423962.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2011-06-10 23:01 | 機材


<< 理想のコンデジ      休肝日 >>