2011年 07月 17日
恋愛冩眞を見た
連休の初日、久しぶりに全国のカメラオタク必見の映画、
『恋愛冩眞』とその別バージョン『ただ君を愛してる』を見た。
(ここでいうカメラオタクとは理由の如何に関わらずカメラを2台以上持っている人ということです。笑)

カメラが映画の重要な小道具になっている映画はたくさんある。
ちょっと思い出すと、

『マディソン郡の橋』カメラマン役のクリントイーストウッドが持つNIKON F 、

『ランボー2怒りの脱出』のNIKON F3、これはランボーのフィルム充填の仕方がワイルドでユニークなのでカメラヲタの間でちょっと話題になった。(2chでだけど)

今、旬の役者である、大沢たかお主演の『ミッドナイト・イーグル』で使われるNIKON F3など。。。

そんな中でも、カメラの扱われ方が半端ではないのが、この2本。
ここで主人公の誠人(まこと)が使用しているメインカメラ、『恋愛冩眞』の松田龍平演ずる誠人はCANON NEW F-1。

『ただ君を愛してる』の玉木宏が演ずる誠人が使うのは古い方のF-1である。
プロになってからの仕事のシーンは、両映画ともちゃんと1D系を使っていてこのへんも芸が細かい。

そしてヒロインの静流(しずる)が使用するカメラ、『恋愛冩眞』の広末涼子の静流はNEW F-1のAEファインダー。
なんせ彼女走り回りながら撮るので、マニュアル露出は無理だろうとの配慮から(かな?)。
『ただ君を愛してる』の宮﨑あおいちゃんの演ずる静流はAE-1 を彼女のオリジナルのストラップで使っていてとても可愛い。

この2本の映画、登場人物の名前が同じだけでストーリーはかなり違います。
あたくし的には『ただ君を愛してる』の方が好きかな。
ブレイク前夜の黒木メイサもすごくいいし、何度見ても泣けます。

写真に興味があってこの映画まだ見ておられない方は見てください。
というのは主人公達の撮る写真がまたいいんですよ。
この写真を撮っている写真家は齋藤清貴という人だそうで、ロケ地NewYorkでは6万枚撮ったそうです。





影響受けやすい私はしばらくN F-1命(いのち)の気分になってます。
昨日はNF-1用のモータードライブ買いに行こうと思い立って、すんでのところで思い留まりました。
なぜってデジタルでも連写しないですから。(爆)
[PR]

by 08eMezzo | 2011-07-17 17:20 | 日記


<< AREZZO      SPHINX >>