2012年 09月 06日
FUJIFILM X100
理想のコンデジ探しはまだ続いている。
NEX-5にライカマウントの小さな35mmレンズを装着した時はこれでカバンに常時放り込んでおくカメラは決まったと思っていた。


c0120439_14442638.jpg



しかーし。
使っているうちにじわじわと不満が。
ファインダーがない。
これだ。

その後も悶々としていて、横目でマイクロフォーサーズ機や高級コンデジを見ていたが、これといって気を引くものがない。
CanonのG1X はかなり惹かれたのだが先代より肥大化しているのでパス。

結局発売からもう一年以上経っているX100を入手した。
ファインダーは素晴らしい出来。レンズが出ていないのでカバンの中への収まりは良い。
ボディが小さいのにレンズが出っ張っているSony NEXタイプのほうがかえってバッグの中で持て余してしまう。

手の収まりも良い。大きすぎず、小さすぎず。重すぎず、軽すぎず。
フィルムメーカーのフィルムシュミレーション的な絵作りも魅力的。
これなんか結構ポジっぽくなっているかも。


c0120439_14454637.jpg




換算35mm固定というのも面白い。
いままでもコンデジについていたズームレンズはどうせ広角側しか使わないじゃないか。
ということで納得。(本当は45mmくらいが好みなんだけど。)



c0120439_14592977.jpg





まだほとんど試し撮りしていないけれど、このカメラ難しいですよ、扱いがかなり。
露出はカメラ任せにすると厳しい。単体露出計を持ち出すが吉。
クラシックなルックスなのでスタデラなんかが似合いそう。

デフォだとだいたい明るすぎる傾向。
こちらは露出補正なしで撮った長野の別荘地。



c0120439_15069.jpg




あたしの標準ではー1EVかな。



c0120439_14562358.jpg



木漏れ日。これは-2EVで。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-06 15:02 | 機材


<< X100 ( II)      路地 >>