2012年 10月 15日
1DX ならし運転
息子のサッカーの新人戦、スタメンに入れたというのでテストもかねて1DXを持ち出した。
運動会やサッカーの試合、年に何回もないので、いつもはD700をクロップモードにして70ー300VRを望遠側450に使い、手持ち撮影でお茶を濁している。
今回は1DXを使用ということで少し気合いを入れて300mm/4とテレコンX1.4を入手、レンズの三脚座を使って三脚撮影をした。
手持ちじゃ、30分のハーフタイムも腕が持ちません。


c0120439_16331391.jpg



!DXが1530g
300/4 が1,190g
エクステンダー225g
占めて2,945gでほとんど3キロ。ま、スポーツ撮影で今主流のヨンニッパはレンズだけでそれ以上あるので(3,850g)三脚、または一脚がないと撮影は無理。
スポーツを撮るのはあたしには想像を絶する世界。

c0120439_16344555.jpg



さて、ファーストインプレッション。
F4に1.4テレコンで合成F値が5.6という条件にも関わらず、AFはかなり早くて正確。
操作に慣れずもたもたして外すのは撮影者の腕のなさ。
12fpsの連写速度は早すぎで、8コマに落として撮ったがまだ早い。
子供のサッカー、6fpsくらいが後の作業をを考えるとちょうど良さそう。
この点は完全に宝の持ち腐れ。
カメラの設定項目はそれこそニコン機かよッ、って思う程多いので、使いやすいように徐々にカスタマイズして行く予定。


今回1DXを試して一番感激したのは光学ファインダーのクオリティの高さだ。
高品位なファインダー像はそれだけで視覚的熱狂(B.ムナーリ)を得ることが出来る。
ピントの山も比較的よく判り、MFでのピント検出能は最近のデジタル一眼レフの中でも出色の出来なのではないだろうか。
5D2にスプリットイメージのスクリーンに替えていた事がウソのよう。
もう少しじっくりマニュアルフォーカスを試してみるが、特にスクリーンを交換する必要を今のところ感じない、
キャノン様、5Dシリーズとのファインダーの差がありすぎです。

ファインダー倍率は0.76倍。デジタルカメラではあまり見た事のない広大さ。定評のあったα900のファインダーの0.74を若干上回っている。ニコンF3のハイアイポイントと同等でもある。



c0120439_16352630.jpg




ファインダー面は本当に大きくて気持ちがよい。結像した被写体も非常に美しい。
最近ミラーレスだEVFだとかが話題だが、こういう美しいファインダーを通して世界をを見ると、やはり一眼フレフの存在理由はこのファインダーだよなあ、とつくづく思う。

試合の方、息子は豊島区立西池袋中学校の選手。
うまい子が何人もクラブチームに引き抜かれ、今年は戦力が今ひとつ。
対戦相手は目白にある皇室御用達の学校。
勝って、トーナメントに進出して欲しかったのだが、残念ながら引き分けに終わり、新人戦は予選敗退となった。
黙っているが息子の悔しさが伝わってきて親も少し感傷的に。

ならし運転は終わったので、1DXの方は明日からのシカゴへの出張に同行させて見ようと思います。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-10-15 17:03 | 機材


<< Chicago -風の街の人たち-      EOS 1DX様 御降臨 >>