カテゴリ:日記( 260 )

2012年 07月 19日
Ponte Santa Trinità
仕事を終え夜8時くらいに街に出る、前回よりよりもっと夕暮れに近く、
色温度はさらに高くなったころサンタ・トリニタ橋に到着。
この橋を少し撮る事にした。


c0120439_1731664.jpg




橋のアーチの下側のラインはミケランジェロの彫刻のエレメントが使われている。
全体の造形に緊張感がありシンプルで美しい。
フィレンツェで一番美しい橋だとの事だが、多分世界的にも一二を争う際立った建造物だと思う。



c0120439_173444.jpg




c0120439_1795875.jpg




c0120439_174075.jpg


橋の上からお隣のヴェッキオ橋を写す

c0120439_1742193.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-07-19 17:11 | 日記
2012年 07月 09日
黄金の光
緯度が高いからだろうか。
夏のヨーロッパの日暮れ前の光の美しさは格別だ。
金色で透明感のある光。

c0120439_5193222.jpg


特にアペニン山脈以南は湿気がすくなく光が強いため、コントラストが高く、素晴らしい陰影を作ってくれる。
コントラストが高すぎて、ともすればポジフィルムや、ダイナミックレンジの狭いデジタルカメラでは写し取るのが難しいほどに。


c0120439_5131443.jpg



風光明媚ということもあってロケーションには困らないらしくドイツ車のカタログは大抵この辺で撮影される。



c0120439_514526.jpg




c0120439_5204937.jpg



カラバッジョの描く明暗はこういう光があるから生まれてくるんだな。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-07-09 05:26 | 日記
2012年 07月 05日
暑い
出張3週目
連日30度を超す暑さで倒れそう。
今日は34度。先週は40度近く上がったし。
日差しは突き刺すようで、肌が痛い。

これなら雨ばかりでも日本の方が過ごしやすいかも。
日本はうっとうしい季節だなんていって罰が当たりました。すみません。

バカンス中なら最高だけどね。

c0120439_18375562.jpg




c0120439_18384689.jpg




c0120439_1841216.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-07-05 18:43 | 日記
2012年 06月 18日
オフ
欧州出張7日目、アポのキャンセルがあったので思いがけずオフに。
うっとうしい日本の梅雨をお過ごしのみなさまごめんなさい。
こちらは一年で一番良い季節。
キャンティの風景の中、プールサイドでお昼寝。

c0120439_1981699.jpg



土曜日にはマドンナがフィレンツェでコンサートをし、街の中心の高級ブティックを貸し切りお買い物をされていました。

写真はシニョリーア広場でウエディングフォトを撮るカップル。
コンサートの翌日マドンナはこの広場でビデオクリップの撮影をしたようです。

c0120439_19174955.jpg



c0120439_19184597.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-06-18 19:20 | 日記
2012年 06月 07日
谷中2
再び谷中に行く。
この界隈でお店を始めたという古い友人を尋ねてみようとふと思ったから。

c0120439_0131716.jpg



途中写真を撮りながらゆっくりと目的地に向かう。
本当は早くたどり着きたいけれど、もうかれこれ30年も会っていないんだからあと10分違ってもどうだというんだ。


c0120439_013136.jpg



ミンチコロッケを頬張る芸能人の写真がたくさん飾ってある総菜屋で自分もひとつ買ってみる。
いつもは行列があるので遠慮するんだけれど、今日は、意地悪に全く行列がない。
なかなかたどり着けないな。


c0120439_0133987.jpg


そのお店は古着を扱っているブティックで、ワインを楽しめるスペースが真ん中にあるこじんまりとしたお店だった。
何か個人宅にふと迷い込んでしまったように静かでゆったりした空間だ。

浪人時代の予備校の友人はまるで30年という時間が経っていないかのように迎えてくれた。
とりとめない事をポツリポツリと話す。


c0120439_0135998.jpg



『この辺はね、ビックリするくらいたくさんのアーティストが住んでいるのよ。
夕方になるとここに集まってきてくれるの。そろそろ何か作り始めなきゃ。』



c0120439_016082.jpg


そういえば今日は俺も炊事当番だった。
メロンを買って冷やしてあったので、この界隈で生ハムを買える肉屋を聞く。

また来るねと言って店を出るとまだ明るい。
ずいぶんと日がのびたな。

RE+ CAFE
[PR]

by 08eMezzo | 2012-06-07 00:54 | 日記
2012年 05月 27日
ユニフォーム4NYPD
こちらは最近まったく更新していない表サイトでもご紹介した写真ですが。。。

New York City Police Department ニューヨーク市警の騎馬警官です。
イギリスの騎馬警官とだいぶちがいますね。

c0120439_2118871.jpg


イギリスとアメリカでは馬術も少し違っていまして、
英国式の操馬術は左右の手綱を左右の手別々に持ちますが、米国式は左右の手綱をまとめて片手で持ち、一方の手を空けておきます。


c0120439_21355276.jpg



向かって左の手が足に置かれているのがわかります。
開拓時代はロープやライフル、今は警棒か拳銃をすばやく操作出来るようにしているのでしょう。



c0120439_2118586.jpg




面白い車を見つけました。
何か警察の物資搬送車のようですが、車体後部にINTERCEPTORと書かれているのが楽しいです。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-05-27 21:28 | 日記
2012年 05月 24日
ユニフォーム3
こちらは馬は馬でも鉄騎ですね。
POLIZIA MUNICIPALEは市警察の意。

イタリアでは市警察の他に広域犯罪を担当する軍警察 (Carabinieri)があります。


c0120439_17473580.jpg



日本の白バイ警官のようなものでしょうか。
日本で白バイというとホンダのオートバイが多いですが、
フィレンツェ市警ではBMWのオフロードタイプを採用しているようです。
特徴的なヘルメットもBMWのものだと思います。



c0120439_174758100.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-05-24 17:53 | 日記
2012年 05月 22日
The Annular Eclipse in Tokyo Ikebukuro
c0120439_1355571.jpg


Nikon D700 VR 70-300mm at F18 1/8000 -5EV

夜みたいな空の色のはホワイトバランスの設定をまちがえたから。
でもきれいなのでそのままにしてみた。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-05-22 01:41 | 日記
2012年 05月 18日
ユニフォーム2
エリザベス女王即位60周年で祝賀ムードのイギリスはロンドン。
バッキンガム宮殿を警備する、騎馬警官。
現在訪英中の我が国の天皇陛下も警護してくれているに違いありません。

c0120439_0323568.jpg



c0120439_0322065.jpg




c0120439_0331456.jpg



c0120439_033390.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-05-18 00:34 | 日記
2012年 05月 12日
ユニフォーム 1
ユニフォーム、制服.
お国柄色々なデザインがあり楽しい。
今までに撮りためた制服をご紹介。
第一弾は、イタリアはフィレンツェの消防士にご登場願いましょう。

c0120439_14405792.jpg



ある日ホテルの窓から外を見るとはしご車が。。。


c0120439_14444794.jpg
作業を見守る親子


別に火事があった訳ではなく、この地区はほとんど築500年くらいの建物なので、


c0120439_1441747.jpg



崩落しかけた建物のオーナメントのかけらを回収しに来たのでした。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-05-12 14:52 | 日記