<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2009年 01月 31日
大祖国防衛戦争
ロシアネタをもうひとつ。


c0120439_2037369.jpg



大祖国防衛戦争という言葉をご存知だろうか。
ロシア人は第二次世界大戦の対ドイツ戦をこう呼びます。

ソ連軍がベルリンを陥落し、1945年5月9日ドイツが無条件降伏することにより、
ソ連側の死者、兵士、市民合わせて2700万ともいわれる凄惨なこの戦争は終わります。

ソ連では女性兵士がかなり活躍し、当時の他の国より女性兵士の割合が多かったようです。
美しい女性赤軍兵士は、ソビエトの共産主義の男女平等と祖国に対する献身の象徴でした。

YouTubeの映像はその大祖国防衛戦争の勝利を祝うイベントのようです。
当時の軍服に身を包んだ女性歌手達が歌うロシアの民謡。
それにはロシアの老いも若きも祖国愛をいたく刺激されるらしい。

そんな背景を感じながら聴いてみてください。
この子達の歌のうまさにアタシは素直に感動致しました。




[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-31 20:59 | 日記
2009年 01月 29日
今時の小学生
今時の小学四年生。
親に聞かなくとも勝手にググって知りたい事を調べる。




c0120439_11442585.jpg
Nikon D700 Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D





息子は軍事オタク。ジェット戦闘機ならだいたいシルエットで機種を判別できる。
また、無類のソビエト軍ファンで、AK-47が一番好きな武器。




c0120439_11443831.jpg
Sony α200 AF50mm F2.8 Macro





何を見ているのか覗いてみた。
ワロタ。(´∀`))






ソ連兵による革命的コサックダンス

[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-29 11:59 | 日記
2009年 01月 27日
夢見る Planar T*1.4/50mm ZF
カメラ屋さんいわく、『開放はぼわんぼわんですね。』

私『ぼわんぼわんですか。。。』

『ディスタゴンなんかは、ヤシコンとずいぶん写り方が違ってきていますが、プラナーに関しては50mmも85mmも殆どヤシコン時代と同じ映りをしますね。ぼわんぼわんです。』


私『ぼわんぼわんですか。。。』


コシナの作るカールツアイス、プラナー50mmZFの絞り開放での描写の事である。
で、撮ってみて良くわかった。ぼわんぼわんの意味。




c0120439_144758.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF



絞り開放1.4の描写。滲んだ光が夢の中の情景のような効果をだしている。
また、古ーい写真のようでもある。


画像がちいさくて判り難いので一部を拡大してみる。





c0120439_15194352.jpg






c0120439_14473355.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF




これも絞り開放。とても曖昧で、記憶の中の風景のよう。
私好きです。この描写。あえて開放で使ってみたくなる。




c0120439_1448283.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF (絞りf2.0)



そして一段だけ絞って、f2.0にすると、突然鋭い描写に変化する。
いやあ、実にたのしいレンズです。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-27 15:02 | 機材
2009年 01月 25日
都市のマチエール Wired


イタリアの友人が日本に来た時、すぐに気がついたのは乱立する電信柱と、錯綜する電線。
日本のような先進国の風景とは思えないと言った。




c0120439_21162139.jpg
Nikon D700 Distagon T*2.8/25mmZF





あれから10年ほど経ち、だいぶケーブルは地中に埋められ、ずいぶん景観がすっきりした町並みも増えた。





c0120439_21153427.jpg
Sonyα 200 Minolta Apo tele 100-300mm/f4.5-5.6




都市の美観のために地中に埋められたケーブル。




c0120439_21163655.jpg
Sonyα200 Vario-Sonnar T*DT16-80mm f3.5-4.5 ZA



打ち捨てられたケーブル。




c0120439_21292917.jpg
Sonyα200 Vario-Sonnar T*DT16-80mm f3.5-4.5 ZA




膨大なデータが




c0120439_21243153.jpg
Nikon D700 Distagon T*2.8/25mmZF


都市を包んで行く。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-25 21:43 | 都市のマチエール
2009年 01月 24日
ニンニクと鷹の爪のスパゲッティ
c0120439_2218247.jpg





時々無性に食べたくなるパスタ。
タップリのオリーブオイル。私の好みはトスカーナ産。
青臭くて、辛味がある。





c0120439_2219692.jpg





最近はアリオリなんて呼ぶそうだ。
ちゃんとアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノと呼びたい。
ニンニクが焦げる寸前、香ばしい香りがしてきたらパスタを投入。





c0120439_22193393.jpg





うまく作るこつはおいしいオリーブオイルをたっぷり使う事だが、
忘れてはいけないのがイタリアンパセリ。
見つからない時は作らない方がいい。




c0120439_22202440.jpg





早く食べたいので適当に撮りました。
あまり美味しそうに見えません。スマソ。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-24 22:44 | 食べ物
2009年 01月 20日
イチゴミルク
c0120439_150458.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF




イチゴミルクというキャンディーが流行った。
1970年の発売だそう。
メーカーは、サクマドロップで有名な佐久間製菓。

小学校の遠足のおやつ、みんながみんなイチゴミルクを持って行った。
(これで歳がばれる)

よくこの工場のわきを通った。
トタン屋根のバラックで古い工場だった。

あたりにいつも漂うイチゴミルクの香り。
お菓子は大ヒットし、しばらくして立派な本社ビルが建った。

写真は本社ビルに飾られたサクマドロップの缶。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-20 15:14 | おさんぽ
2009年 01月 17日
D700+単焦点レンズ絞り開放であそぶ。
D700に大口径の単焦点レンズばかり着けてお散歩している。
これで私もやっとデジタルで個性のあるレンズの描写を楽しめるようになった。

最近気に入っているのがフォクトレンダー、ウルトロン40mm f/2
開放でかなりの周辺減光がある。が、これがなかなか良い。

D700には周辺減光を軽減する機能があるが、これを弱に設定している。


c0120439_13463251.jpg
Nikon D700 ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical




このレンズ絞り開放から中心部の解像力は高い。しかしご覧の通り周辺の光量が落ちる。
クラシックカメラで撮った写真のよう。
なかなか味が合って良いとおもう。






c0120439_13464578.jpg
Nikon D700 ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical





こちらは東京に近いベッドタウンの正月。
なかなか眠い風景だ。植えられたばかりで味気のない街路樹を写す。
これも絞り開放、周辺の光量が落ち、浅い被写界深度とともに少し面白い立体感が出た。





c0120439_13565777.jpg
Nikon D700 ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical



開放F値2.0、ISO800、シャッタースピード 1/125秒
D700の高感度域の描写のおかげで、都会の夜は当たり前の撮影フィールドになってしまった。






c0120439_14114057.jpg
Nikon D700 ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical



このレンズ、絞りf/4で解像を終了する。f/7.1まで絞ってみた。
当然周辺減光はない、画面の隅々までよく解像している。でもあまり面白くない。




c0120439_14143416.jpg
Nikon D700 ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical


上のカットのピクセル等倍の切り出し。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-17 14:20 | 日記
2009年 01月 15日
道2
一昨日のエントリー、適当な曲がり具合の路地について書いた。
写真だけを見ると、どこにでもある東京の裏路地である。

しかし、写真の路地と線路わきの猫の守る祠の間にはもう一つこの街ならではの特徴的な景観がある。
私が勝手に小ラスヴェガスと呼んでいる一角だ。




c0120439_22384491.jpg
Nikon D80 AF-S VR 18-200mmf/3.5-5.6G




夜はネオンで真昼のように明るく、それこそ、『ここはラズヴェガスかー!』だが、写真は遠慮しておきましょう。
場所柄トラブルの種になりそうだし。。。



c0120439_22505836.jpg
Nikon D700 AF 18-35mmf/3.5-4.5D



小さい頃、駅へ向って歩きながら、母親になんでこのような何もない街にこんなにたくさんの旅館があるのか聞いた。
そんなことを子どもに聞かれて母もずいぶん困ったろう。




c0120439_2240596.jpg
Nikon D80 AF-S VR 18-200mmf/3.5-5.6G






まだまだこんな風景も残っている。『三丁目の夕日』の鈴木オートみたいだ。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-15 23:06 | 日記
2009年 01月 13日
路地は適当に曲がっているのが好きだ。


c0120439_1882622.jpg
Nikon D700 Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D



ここは、駅へと向かう裏路地
この街は区画整理で道という道は碁盤目になり、町並みに味も素っ気もなくなった。
しかしどういう訳かこの道だけは私が幼い頃から変わらず残っている。



c0120439_1883944.jpg
Nikon D700 Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D



このなんとも有機的な道の曲がり具合にほっとする。



c0120439_1885491.jpg
Nikon D700 Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D



ここを歩くと時々ピンクフロイドの初期の曲のワンフレーズを思い出す。

If I were a road, I could bend.
もし僕が道なら、曲がれたのに。。。。



c0120439_189935.jpg
Nikon D80 Ai AFNikkor 35mm f/2D


路地を抜けて線路沿いの公園に出ると、時々この猫に出会う。
どうやらこの祠を鎮守しているらしい。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-13 18:25 | 日記
2009年 01月 09日
闇の狙撃手D700
息子と過ごす年末年始最後の日曜日、噂のD700高感度域堪能しました。

このカメラ、"The Midnighit Shooter" (闇の狙撃手)と勝手に命名させて頂きます。(爆)

すごいです。
どんな光でも写真が撮れる、とは言い過ぎだけど、夜行性生物の私にはこのカメラ得難いパートナーとなるでしょう。

そろそろ夜の帳が降りてきます。お台場レインボーブリッジ、お正月特別照明でレインボーカラー


c0120439_18264144.jpg
Nikon D700 AF-S VR70-300mmF4.5-5.6G


これなんか3脚なしだもの。ISO 6400 1/30秒


c0120439_1827571.jpg
Nikon D700 AF-S VR70-300mmF4.5-5.6G


繁華街で当然手持ち、ISO1250 F2.0  ぬあんとシャッタスピード1/640秒で切れてる。
もっと絞れたね。(汗)


c0120439_18265366.jpg
Nikon D700 ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical



今年は夜の繁華街や薄暗いヨーロッパの街角、このカメラをもってうろうろする事になりそうです。
The Midnight Shooterの写し出す妖しくも魅惑の夜の世界、乞うご期待(笑)
[PR]

by 08eMezzo | 2009-01-09 18:49 | 機材