<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 29日
オリンパス PEN デジタル
7月3日いよいよ発売になりますね。
オリンパス・ペン・デジタル。EP-1
画質にはこだわるけれど、大きく重たく無粋な一眼レフを持ち歩くのはちょっと、と考えている会社のデザインチームには好評。
また取引先等で、普段カメラに興味のなさそうな人達がこのカメラのことを話題にすることが何度かあって、なんとなく大ヒットの予感。

アタシも喉から手が出るほど欲しいんですが、カメラ機材関係購入優先順位で、こいつは現在第3位なので、しばらくはパス。


OLYMPUS EP-1
c0120439_14324848.jpg


大ヒットした初代ペンが発売されたのは1959年。
ハーフサイズ、つまり36枚撮りのフィルムひとコマに2コマ撮影出来て合計72コマ撮れた。
今またフルサイズデジタルカメラの半分のサイズの映像素子を持つフォーサーズという規格で蘇ったというところになにか因縁のようなものを感じる。
(開発陣はペンのイメージを踏襲しようと決めたのは今年に入ってからだと言うが。。。。)


c0120439_1423514.jpg


これはかつてペンユーザーだった親父が、ペンで撮ったフィルムを、最近になってスキャンしたもの。
35mmフィルムの一こまが二分割されているのが判る。カメラを横位置でふつうに構えて撮るとこのように縦構図の写真が撮れた。

親父どのは女子校の教師だったので、夏休みの当直の日にそのプールによく連れて行ってもらった。
親父の仕事が終わるのを待つ間、水泳部のおねえさんたちに遊んでもらっていた、そのときのショット。
おねえさん達の熱い視線を集めながら颯爽と歩くオレ。(爆)

最近、仕事で移動中に、ふとバラ色の夕焼け雲なんかを見ると、良く写るコンパクトなカメラがあればなあ、と思うことがある。(コンデジはパス) 小さく、ビジネスバッグに入れられるこいつはピッタリだ。
何十年も前、うちの親父も、そんな風に思ってペンを通勤鞄に放り込んでおいたんだろうな。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-29 15:28 | 機材
2009年 06月 28日
6月のフィルム  - 新宿-
モノクロフィルムを何本か使い、自分で現像してみた。


新宿♯1
c0120439_1243448.jpg
Nikon F3 Distagon T*2.8/25mm Neopan Acros 100




もう、ぜーん然だめ。
一から勉強です。




新宿♯2
c0120439_1244663.jpg
Nikon F3 Distagon T*2.8/25mm Neopan Acros 100




カラーで撮っておいてあとでPCでモノクロにすることがいかに安易な事かと思い知りました。
最初からモノクロを意識して撮らなきゃダメだな、と反省。




新宿♯3
c0120439_125080.jpg
Nikon FE2 Ultron 40mm f/2 TMX400




久しぶりにフィルムを現像して驚いたこと、ゴミがいっぱいフィルムにつくということ。
そういえば、昔、ゴミのせいで抜けてしまった白い部分、グレーのポスカで印画紙に修正したこと思い出した。
あらためてフィルムのモノとしてのリアリティを認識。デジタルでは味わえない煩雑さだな。




新宿♯4
c0120439_1252346.jpg
Nikon FE2 Ultron 40mm f/2 TMX400


いずれにしても、モノクロはすごく楽しい。現像もね♡。
(120一本、135 一本、チェンジバッグの中でリールに装填出来なくてぐちゃぐちゃにしてしまいまつたが。(笑))
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-28 01:51 | フィルムを月に1本使うの会
2009年 06月 25日
Good Bye ! 愛しのコダクローム
ついにアメリカ本国でも製造中止。
アメリカへ行って、コダクローム三昧をするという夢もこれで潰えたな。


千住やっちゃ場界隈
c0120439_1022388.jpg
Nikon FE2 Distagon T*2.8/25mmZF Kodachrome KR64





ミラノ中央駅
c0120439_10261437.jpg
Nikon F3 Planar T*1.4/50mmZF Kodachrome KR64





ミラノ中央駅
c0120439_10225981.jpg
Nikon F3 Distagon T*2.8/25mmZF Kodachrome KR64
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-25 10:34 | Kodachrome 64
2009年 06月 23日
ヴェネト料理
出張での食事の支払い、クライアントと持ち回りになるが、今晩は向こうの番だからあそこへ連れてっちゃえーいと来た、レストラン。(笑)
持っているワインの豊富さはヴェローナでナンバーワンとかで、電話帳のようなワインリストを持ってくる。

ウエイターがあまり愛想がなかったので、少し意地悪な気持ちになり、ワインリストを指差し、
『これ、◯×氏のところのワインだよね。』
と、取引機械メーカーのオーナーの名前を出す。

彼はヴェローナでは有名人、このレストランの上客でもある。ウエイターの態度が少し変わる。
じゃこれ頂戴と、アマローネを頼む。一本150ユーロw 人の金で見栄を張っちゃってごめんちゃい。(笑)
ま、リストには一本5,000ユーロなんていうワインがごろごろしていたから向こうは内心鼻でわらっているだろうけど。。。。

さて、ヴェネト料理である。
ヴェネトにくる度に頼むパスタ、Bigoli(ビゴリ)。
手打ちのうどんのような太いパスタ。トスカーナではPiciと呼ばれる。
鴨のソースで食べるのが地元流。


Bigoli in salsa d'anatra
c0120439_1522346.jpg



作り方は色々あるようだが一般的には、鴨のモツ類を細かくたたいて、バターで炒め、隠し味にザクロの果汁を加える。鴨で出しを取ったスープで、ビゴリを煮込み、茹で上がったらモツで作ったソースを和える。
このレストランのはモツだけでなく、かなり鴨肉も入っている。



Baccalà alla Vicentina
c0120439_1626089.jpg


メインはタラのビチェンツァ風。
塩漬けのタラを水で戻し、牛乳で煮込んだものだ。黄色いペースト状のものはポレンタ。トウモロコシの粉を時間をかけ澱粉状にしたもの。


c0120439_16268100.jpg



c0120439_16404666.jpg




味は保証します。でも観光客も沢山来るので、ウエイター達の態度は微妙。
BOTTEGA DEL VINO DAL 1890
37121 Verona (VR) - 3, vc. Scudo Francia

tel: 045 8004535
http://www.bottegavini.it/

この次はもう少しリーズナブルにビゴリが食べられるところをご紹介出来るようにします。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-23 16:43 | 食べ物
2009年 06月 21日
すこーしづつ、準備開始
最近フィルムを使っていない。
全く使っていないという訳ではないのだが、いつも銀塩カメラを持って出るようにしていた出張に、今回は一台も持って行かなかった。
言い訳は色々あるが、フィルムの魅力を支持する宣言をしている身としてはどこかで後ろめたい気持ちがあった。
そんなとき、救いの手が差し伸べられた。

フィルムを月に一本使う会。

とても楽しそうな企画である。お願いして末席に加えて頂いた。
早速、カメラ量販店へモノクロフィルムの自家現像のための道具を一揃え買いにいく。

c0120439_9291654.jpg



感材に使う原料の天然埋蔵量が有限なので、そのうち銀塩写真というものは無くなってしまう、
ということを遥か昔、大学の授業で聞いた覚えがある。
あのとき、天然資源を使い切る前に、画像のデジタル化が銀塩写真を駆逐するなどと誰が想像出来ただろう。

今日は最近銀塩カメラに興味を持っている息子にカメラへのフィルム装填の仕方を教えてみた。
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-21 09:49 | 機材
2009年 06月 19日
フィレンツェ古式サッカー2
このパレードに威風を示せる人達は古くからのフィレンツェ人。
パレードとアクロバティックな旗ふりは何度か日本にも招かれているのでご存知の人も多いだろう。


槍隊隊長
c0120439_7573966.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D



槍隊
c0120439_1565724.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D



旗手
c0120439_1531850.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D



貴族
c0120439_834931.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-19 15:26 | 日記
2009年 06月 18日
フィレンツェ古式サッカー
フィレンツェの人が自慢にすることの一つに、サッカーの起源がイギリスでなくこの街にあるという事。
今をさかのぼる事五百年位前から、この古式サッカーは続けられていて、フィレンツェの守護聖人を祝う6月24日を決勝に、街が4つの地区に別れ、トーナメントを行う。
パリ経由で日本に帰る日、偶然この古式サッカーの開会のパレードに遭遇した。

パレードで披露されるルネッサンス期の衣装は見ていて楽しい。
何回かに渡ってご紹介いたしましょう。


鼓手
c0120439_1173266.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D



鼓手2
c0120439_117417.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D




鉄砲隊隊長
c0120439_1175616.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D




鉄砲隊兵士
c0120439_1182017.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8D
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-18 01:27 | 日記
2009年 06月 16日
トスカーナの丘の上で
移ろいやすい人の心
永遠の愛を誓っても、心のどこかでそんなものを信じてはいない。

Keys
c0120439_17425181.jpg
Nikon D700 Distagon T*2.8/25mm



ふと、不安になる恋人達。
確かさのアイコンを探す。



Keys 2
c0120439_171341100.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF




Wall
c0120439_17202287.jpg
Nikon D700 AF85mm f/1.8D





An olive tree
c0120439_1725475.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-16 17:46 | 日記
2009年 06月 14日
Romeo e Giulietta
c0120439_22254974.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF


ヴェローナはロミオとジュリエット一色の街。
それぞれの物語を紡ぎながら、僕のファインダーを横切って行くロミオとジュリエット達。


c0120439_2225476.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8



c0120439_22251777.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8



c0120439_22253097.jpg
Nikon D700 AF 85mm f/1.8



c0120439_22333451.jpg
D700 Distagon T*2.8/25mm
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-14 22:34 | 日記
2009年 06月 11日
Verona@ISO 6400
D3でブレイクスルーがあったニコンの高感度域。
今回持ち出したD700で暗い夜のヴェローナの街を写してみる。


Bottega di Vini
c0120439_15312524.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF ISO 3200



中央に大理石が敷かれた路地
c0120439_1540144.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF ISO 3200



13世紀くらいのパラッツォ
c0120439_15421198.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF ISO 6400



Bar
c0120439_15431687.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF ISO 6400



ローマ時代の門
c0120439_1544962.jpg
Nikon D700 PlanarT*1.4/50mmZF ISO 6400
[PR]

by 08eMezzo | 2009-06-11 15:56 | 機材