<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 21日
AUでiPhoneを使ってみる。
GSMという携帯電話の規格がある。
Global System for Mobile Communicationsの略で、現在、日本と韓国を除くほとんどの国で採用されている規格だ。
日本は長らく携帯のローミング鎖国状態で、日本に来る海外のビジネスマン、旅行者は自分の携帯電話の使用をあきらめざるを得なかった。

ところがこの週末、イタリアから来た友人のiPhoneは、どうもドコモとローミングされており、日本でもまったく問題なく機能している様子。

そこでひらめいたのは、わたくしのAUのGSM対応携帯のSIMカードを友人のiPhoneに差し込めば、使えるのではないかという疑問。。

c0120439_0265112.jpg
AUとTelecom ItaliaのSIM チップ、iPhonの頭の部分にSIMチップの収納口が見える。


SIMチップは、携帯の電話番号その他のデーターを格納しているメモリーチップで、たとえば、自分の携帯のバッテリーが切れてしまって、他人の携帯を借りるとき、自分のSIMカードを借りた携帯に差し込めば自分への課金として使う事が出来る。このとき電話をかけた相手のディスプレイに表示されるのは当然私の電話番号だ。

AUのSIMカードをヨーロッパの携帯に差し込んで現地で何度も使用した経験があるのでもしかしたらヨーロッパで販売されている端末を使えば、SoftBankと契約しなくても、iPhoneを使えるかもしれない。

で、やってみた。
結果は、使えなかった。電波を感知しない。Telecomイタリアのローミング先のドコモのSIMチップは使えるかもしれない。が、近くにドコモのチップを持っている人間が見当たらず実験は出来ず。
ああ残念。
[PR]

by 08eMezzo | 2010-01-21 00:31 | 日記
2010年 01月 16日
多重露光
半年も現像に出し忘れていたフィルムをお店に持っていったら数日後に連絡が。
だいぶ映像が重なって露出しているのですが、CD書き込みはいかが致しますかとのこと。
そのまま焼いてもらった。

c0120439_13304774.jpg
Asahi Pentax SV SuperTakumar 55mm f/1.8 Fuji Pro 400

祖父の遺品であるAsahi Pentax SV は、一昨年オーバーホールしてピカピカになったのだが、フィルムの巻き上げがうまくいかなくなったようだ。
でもこれはこれで面白いかな。

さて、さぼりまくりのフィルムを月一本使うの会。


12月のお題目『走り』の最優秀賞はパチーリさんのこの作品。
素晴しいスピード感の一枚。この絵ために超広角レンズを導入されたのだな。

その前のお題目、栄えある第一回お題目『赤』での最優秀賞は9_Tailsさんのこの作品
期限切れのフィルムを使うというデジタルでは逆立ちしても出来ないアプローチをされた意欲作。

みなさん精進めざましく、あせるわたくしでございます。

遅くなりましたが9_Tailsさん、パチーリさんおめでとうございます。

フィルムを月一本使うの会は会員募集中。
フィルムを絶滅から救おうぜ。
[PR]

by 08eMezzo | 2010-01-16 01:41 | フィルムを月に1本使うの会
2010年 01月 07日
La Seine
La Seine #1
c0120439_2322455.jpg



La Seine #2
c0120439_2326192.jpg



La Seine #3
c0120439_23221910.jpg



La Seine #4
c0120439_23224056.jpg



La Seine #5
c0120439_23224866.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2010-01-07 23:28 | 日記
2010年 01月 03日
年末飲んだくれ日記
まあよく飲んだ年末でした。(毎年だけど。)
写真を撮る暇がないと嘆く割には飲む時間だけはちゃっかり確保している気がする。

12月30日

一時帰国中のボローニャ在住のソムリエ、中川原まゆみ氏と痛飲。
彼女はイタリア・ソムリエ協会で初めてライセンスを取得した日本人で、イタリアワインについての著書をお持ちである。

今流行の四川鍋を囲んで生ビール数杯、紹興酒二本、
店を出てから拙宅に宴の席を移し、中川原女史セレクトでさらに赤二本。
翌日死亡。

c0120439_22193489.jpg
D700 Planar*1.4/50mmZF

イタリア、日本で活躍するソムリエの手と、彼女にワインの開け方を教わる息子の手。
プロの手の動きって本当に美しい。


12月31日

毎年、大晦日はヨメは息子を連れて実家に行ってしまうので、一人で静かに過ごすのが定番となっている。
だらだらDVDなどを見つつ夜10時くらいになったら二日酔いも少し楽になったので、10kmほど走り納めをする。

その後近くの馴染みの飲み屋『骨董茶屋 楽』にて飲み始める。
ここはレトロな雰囲気がよく、お値段もリーズナブルなので、池袋西口界隈でお飲みの際は是非。隠れ家的雰囲気がたまりません。

だいぶ気持ちよくなって、そこにいた常連達が、あらもう年あけるねと言い始めた頃、ふと目に留まったカメラ。
今まで全然気がつかなかったけど、二眼レフが店に2台も置いてある。


c0120439_22195194.jpg
D700 AF35mmf/2D


女将に見せていただく。ヤシカフレックス。
片方は厨房の棚に飾ってあった為、油でちょっと修復不可能なご様子。
もう一台は、タバコのヤニまみれだが、なんとかシャッターが下りる。

ちょっと奇麗にして、フィルム通してみていい? と訳の分からない事をいいつつ、しばらくお借りすることに成功♪
常連の方に勧められる越の寒梅と焼酎のチャンポンで翌日ミイラ化。

その後年が明けてもまだまだ宴会は続くのでした。
[PR]

by 08eMezzo | 2010-01-03 01:29 | 機材