<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 30日
同窓会
ドラマの影響があったからではないが、中学校の同窓会があった。
卒業して別れ別れになってから実に30年以上の時間が経過しており、誰が誰だか全くわからず。。。

意外に名前の漢字の字面はよく覚えているのだが、顔を見て、『おおXX じゃん!!』と言えたのはわずかに2人。
時々お世話になるマッサージ治療院の院長先生が同級生だったと会場で初めて気がつくというオチまであった。

c0120439_9405992.jpg


記憶のはるか彼方の、何も考えていないようにぼんやりとした表情をしていた少年達は、
実社会のなかで様々な経験を積み、みなそれぞれに魅力的な顔をしている。

そしてあの頃、ほのかに恋心を抱いた少女たちもすでに子育てを終えつつあり、
人生と格闘してきた経験からか、みんな生き生きと自信に満ち、目が輝いている。

もちろんそれぞれその表情に憂いをもまとい、それほど人生が単純ではなかったことも感しさせるけれど。。。
目の前に映る友人達のその存在感にあの中学時代のひ弱さはまったく感じられない。

すばらしい !!
40にして迷ってばかり、50にして天命を知り得るとは到底思えない自分だけれど、
みんなのその顔を見て勇気づけられたぞ。
千中のみんなありがとう。
[PR]

by 08eMezzo | 2010-06-30 09:56 | 日記
2010年 06月 17日
新しいスパイク
2018年のワールドカップを目指して。(笑)
c0120439_1254080.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2010-06-17 12:05 | 日記
2010年 06月 08日
全面マットスクリーン
最近機材を購入していない。
時たま襲う物欲も大波が来なくなって久しい。(もっとも使うお金もないんだけど。。。)

c0120439_1544530.jpg


マニュアルフォーカスのカメラでは多分最新の部類に入るだろうNikon FM3A。
その素晴らしく美しく、またピント検出能の高いスクリーンを覗いてからは、マット面でピントを合わせるのが好きになった。

FM3Aの中古は不当に高いので、FE2にFM3Aの方眼マットスクリーンを装着して使っている。
ピントの山がキリッとスクリーンに立ち上がってくると、大げさでなく鳥肌がたつくらいぞくっとする時がある。
このFE2のファインダーは僕の持つカメラのなかで、最高だと思う。

続いて愛機F3とNew F-1も全面マットスクリーンに交換した。
しかし、こちらは製造年代が古いせいか、今ひとつ。

ピントの山がもっさりとしたままピークがよくわからない。
比較するFM3Aのスクリーンの出来が良すぎるのだろう。そこでF3はP型の斜めスプリットに、New F-1の方も標準のマイクロスプリットのスクリーンに戻してしまった。
(NF-1の方は最強と言われるブライトレーザーマットのAJとかPJを試したいのだけれど、人気があり、入手困難。ヤフオクで競り落とすのも諦めた。)

最近になって、Aria用の方眼マットスクリーンを入手。交換してみた。
RXと共通なので、設計時期を考えるとあまり期待していなかったが、これがまあまあ良い感じ。
少し方眼の目が細かくてうるさい感じがある。ピント検出能の方も開放で撮ることはあまりないのでこれで十分。

全面マットのフォーカシングスクリーンでピントの山を探る作業、これもまたフィルムカメラから離れられない理由の一つなんだよなあ。

と改めてつぶやいてみる。
[PR]

by 08eMezzo | 2010-06-08 15:54 | 日記
2010年 06月 01日
走る6 L.S.D
さて、センサーをジョギングシューズに付けてナイキのサイトにデーターをアップし始めてからかれこれ一年半が過ぎた。

走った距離はというと約1,200km。
約5日と3/4日間走り、68,563カロリーを消費した。(らしい。)



c0120439_18333327.jpg




しかーし、依然人生最高体重をキープとはどういうこと ??



うーむ、ダイエットをしようと走り始めたのに、全然減らんどころか増えているという事実。どこに欠陥があるハズ。理由を考えてみた。

1走るのにあまり熱心ではない。

2ストレスを感じると冷蔵庫に首を突っ込むという習性。

3タバコをやめて大方の言う通りメシが激ウマに。



これらが全部がやせない理由だというのは明白だが、どこかランニングの方も根本的に間違っているような気がしたので、東京マラソンで3時間を切っている師匠を飲み屋にお誘いしてお話を伺ってみた。

すると、師匠曰く、距離を走ろうと考えず、出来るだけ長い時間走ることだ、とのお答えが。
どんなにゆっくりでも良いので2時間以上走ることが重要だそうだ。
しかも2時間走ってやっとL.S.Dと呼べるらしい。

L.S.Dとは、ドラッグミュージック華やかりしころのビートルズの名曲『Lucy in the Sky with Diamond』の略ではなくて、『Long Slow Distans』の略だ。

出来るだけゆっくり長く走る。
師匠はトレーンングで40kmをなんと6時間かけて走り、途中で気になっていたそば屋に入ってそばを食ったりするそうだ。(笑)

そして決め手のありがたいお言葉は、

『2時間走るのが楽勝になってくると面白いように痩せるよ』


聞いたかい、おい。面白いように痩せるんだぜ。。。。

ということで16km程度を2時間かけて走り始めました。ゆっくりゆっくり。
でも、2時間ひたすら走っているのって、


結構飽きますのよ。(泣)
[PR]

by 08eMezzo | 2010-06-01 18:35 | 走る