<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 27日
ごん太パスタ対決
展示会のあったヴェローナはイタリアヴェネト地方にあり、その郷土料理にBigoli(ビゴリ)という手打ちのごんぶとスパゲッティがある。
ソースは様々だが、鴨から取った出汁でパスタを茹で、鴨肉とレバーを使ったソースの(Bigoli con anatra)ものが有名。
さて、今回取引先のメーカーに紹介されたレストランでは、ポークのミートソースで供される。
荒く叩いた柔らかいスペイン産の豚肉のミートソース、食感が絶妙でタマネギとリンゴが隠し味として使われている。

絶品。

c0120439_1445114.jpg
Bigoli con ragù di maiale.

昨晩は古巣のフィレンツェに戻り、友人と食事。
ヴェローナで食べたビゴリがあまりにもおいしかったので、ここでもゴン太パスタが食べたくなり、
メニューにあったPici(ピーチ)を注文する。
基本的にはBigoli もPiciも呼び方が違うだけで直径8mmくらいの太い手打ちのパスタです。
ここでは、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪というペペロンチーノの材料にパン粉を和えるだけという昔の貧しいレシピ。

絶品。

c0120439_14511060.jpg
Pici con mollica di pane

この度、お邪魔した2件のレストランは決して高級レストランではありません。
しかし、なんて表現すればいいのか、料理人の圧倒的な才能を感じました。
当然、合成調味料の類いは全く使っていないし、特にPiciの方はこの材料の組み合わせでどうやったらこの味を出せるのだろうとなぞが深まるばかりです。
二軒とも超お勧めです。ご旅行の際は是非。

Trattoria alla Palma
Via Legnago 143
Verona
045-500365

Trattoria Sant'Agostino 23
Via sant'agostino 23r
Firenze
055-210208
[PR]

by 08eMezzo | 2011-05-27 15:09 | 食べ物
2011年 05月 25日
La casa di Giulietta
ジュリエットの家とされるヴォローナの観光スポット。
仕事で訪れる展示会が一年おきにこの町で開催される。
一昨年のヴェローナのエントリーはこれ
このたびご一緒するクライアントはヴェローナが初めてな為ご案内する。

c0120439_14144245.jpg


おびただしい数の落書き。ここまでくると、ちょっとしたアートみたい。

c0120439_1415276.jpg


永遠の愛を誓って窓の鉄格子につけられた鍵。
この中でどれくらいのカップルが最後まで愛を全うするんだろ。

NEX-5
[PR]

by 08eMezzo | 2011-05-25 14:23 | 日記
2011年 05月 24日
ミュンヘンでルービ
急遽出張が決まり、展示会のあるベローナに行く事に。
で、トランジットするためにミュンヘンの空港にいる。

c0120439_126205.jpg


飛行機の接続が悪く、5時間待ということで、腰を落ち着け、
超本場のミュンヘンでルービ。
でも、日本のビールの方ががおいしいよ。(爆)

c0120439_1212184.jpg


日本はこれから梅雨に向かうけれど、ヨーロッパは今が一番美しい季節。
今回持ち出した機材はSonyです。
最終的に持ち出し機材の決定はα55 & Nexのコンパクトに軍パイが上がりました。
両機種バッテリーが共通というのもポイント高しです。

フィルムカメラはF3。前回の出張でスーツケースの重量オーバーで友達の所に泣く泣く置いてきたものです。
今、会いにいくからねー。(日本時間ではも夜中の2時だしかなり気持ちよくなっているようです。)
[PR]

by 08eMezzo | 2011-05-24 01:23 | 日記
2011年 05月 17日
ドライカレー
実家は無教会派という、内村鑑三が始めた宗派に属するクリスチャンだったので、小学生の頃には毎週日曜日、新宿までサンデースクールのようなものに通っていた。

その帰りに何度か両親のどちらかと行った新宿にある喫茶店『ハイチ』の看板料理。
この喫茶店で食べる日曜のランチはとても楽しみだった。

c0120439_11344730.jpg


このドライカレー、ご飯の上にペースト状のカレーを乗せる今ではよく見るスタイルだが、このお店が元祖だそうで、HPにも誇らしげにその事が書いてある。

何年か前に、それこそ20年ぶりくらいに行って、まだお店、メニューともに健在なのを確認、ついでに味も確認してきた。

同じ味とはいかないし、材料も違うのだろうけど、このドライカレーを家で再現してみてから、ずっと我が家の定番メニューとして欠かせないものになっている。

我が家の作り方は、和食の甘辛のそぼろを作る要領。

4人分
タマネギ2個
その他冷蔵庫にあるくず野菜セロリ、人参、なすなどがあればそれも。
醤油大さじ4
砂糖大さじ2
日本酒大さじ2
ひき肉300g
カレー粉適宜

タマネギ&野菜を(時間がないときにはフードプロセッサーで)みじん切りにし、バターまたはオリーブオイルで炒める。
しんなりしてきたら、合い挽き肉250-300gをいれて一緒に炒める。
火が通ってきたところで、みりんor 酒、さとう、醤油を加え、そぼろご飯にしたらおいしいだろうな、という味にもっていく。
味が決まったら、和風がインド風に変わるまで味を見ながら徐々にカレー粉を投入、
お好みでガラムマサラ、クミン、ターメリックなど、香料を加えて出来上がり。
所要時間35分
手抜き度★★★★☆
[PR]

by 08eMezzo | 2011-05-17 13:41 | 食べ物
2011年 05月 13日
潮干狩り
息子も中学に入ってからというもの、塾だ、ピアノだ、サッカーの練習だって、平日はおろか土日も練習や試合であまり家で一緒にいる時間がなくなった。

とはいうものの、塾に出したり、練習に行く前に急いで食事の支度をしたり、弁当を作ったりして、いつもなんだか慌ただしい。
息子は家を出たきりほとんどいないのだが、親は何となくいつもスタンバイ状態で、思い切った予定を入れられない。

ゴールデンウィーク、例年なら何泊かで家族旅行をしようかなどと考えを巡らすのだが、今年は連休中もサッカーの練習練習で休めないらしい。
それでもと、一日だけ、前から子供と行きたかった潮干狩りに出かけた。

c0120439_17284091.jpg


子供の頃、暗いうちに叩き起こされて、一度だけ行った記憶がある。
母は下町生まれなので、小さい頃、隅田川を船を漕いで東京湾まで行き、潮が引いて船が砂の上に鎮座したら潮干狩りを始め、潮が満ちてきて船が再び浮いたら戻るなどということをやっていたらしい。

今年は原発事故の影響で人があまりいなかったので、大粒のアサリがあっという間に網に一杯になった。
メルトダウンして、冷却した大量の水がどこ行ったか判らないなんて報道を聞くと、潮干狩りもこれが最後かななんて本気で思う。
[PR]

by 08eMezzo | 2011-05-13 17:34 | 日記
2011年 05月 10日
さくらの頃
今年のさくら、
余震と被災地の報道の毎日、気がつくと満開になっていた。
突然咲いて、あっというまに散ってしまった。


c0120439_113543.jpg
Nikon FE 2 Planar1.4/50mm ZF@上野寛永寺 RDP III



浜岡原発停止。
やっと、だれかがまともな判断をしたと思ったら、中部電力の社長、再開に向け耐震、防潮工事を急ピッチですすめるだと。
どうしたらこういうバカどもは事の重大さに気がつくんだろう。
既得権とか利権てここまで人間を盲目にするんだな。



c0120439_1133291.jpg
Nikon Nikon F3 PlanarT*1.4/50mmZF@池袋 RDP III



ドイツの取引先から電話。
何でもっと怒らないの? ドイツは一足お先に原発全廃を決めたよ、と。
浜岡原発が最悪な事態になった時、人口密集地の東京、名古屋、横浜等は人が多すぎて、逃げ出すことは物理的に不可能らしい。


ま、桜は、騒々しい人間が一人もいなくなっても相変わらず奇麗な花を咲かせるのだろうけど。




c0120439_1131766.jpg
 Contax Aria Planar T* 50mm/f1.7@上野寛永寺 RDP III
[PR]

by 08eMezzo | 2011-05-10 01:41 | 日記
2011年 05月 02日
痛いフレーズ
『想定外』って単語もう使うのやめようぜ。


私が使用禁止にしました。

今後は『想像力の欠如』に置き換えてください。

で、とりあえず浜岡原発は今すぐ停止という事でお願いします。



c0120439_1434593.jpg
震災前の大阪のネオン
NEX-5
[PR]

by 08eMezzo | 2011-05-02 01:39