<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012年 09月 28日
水上バス
一週間程前、水上バスに乗る機会があった。
お台場の海浜公園から浅草行き。

この日はヨメ殿と一緒だったのでPlanar 85mm F1.4を持ち出し。久しぶりにヨメ殿を撮ってやろうと思っていた。
しかしよく使う50mmから85mmに持ち替えると、マニュアルでピント合わせをするのはその焦点距離のわずかな差以上に急に難しくなる。

特に、5DIIでマニュアルレンズのピント合わせは事実上不可能に近いので、あたしは1D系のクロススプリットEc-Lというスクリーンに交換している。海外の業者が1D系のスクリーンを5D用に加工したものだ。


c0120439_23114259.jpg
5D mk II Planar T* 85mm F1.4 MMJ


しかしそれでもピントをあわせるのは難しい。
ズミクロンR50mmは普通に使えたのだが、P85は手強い。
結果へたれの私は奥方のポトレを早々に諦め、P85の無限遠のテストに変更(爆)


c0120439_23132928.jpg
5D mk II Planar T* 85mm F1.4 MMJ


f5,6あたり。非常に解像感のある絵になる。
コントラストは最近のレンズに比べるとあまり高くない。
ドイツ製より日本製の方がコントラストが高いと言う人がいるが実際はどうなんだろう。
(作例はトーンカーブを少しいじっている。ちなみにこのレンズは日本製)
諧調は出ているように思えるので、こりゃあやはりフィルム、それもポジで撮るのが一番このレンズにとってはうれしいのかもしれない。

ま、コレくらい写る最近のレンズはたくさんあるだろうから、わざわざMFのクソ重いこのレンズを持ち出す必要はないと思われる。
このレンズを活かすには別のシチュエーションがあるだろう。すぐあきらめたポトレとかね。(笑)



c0120439_231454.jpg
5D mk II 5D mk II EF24-105 F4 L IS USM


こちらはEF24-105mm

当たり前の事だがMFレンズを使いこなすにはMFカメラ使う方がよっぽどピントが合わせやすいだろう。
(1.4のPlanar 85mmについてはその限りではないというウワサは良く目にするが。。。)


c0120439_23145874.jpg
5D mk II EF24-105 F4 L IS USM


という訳で、この日奥方のポートレートが撮れなかったというフラストレーションは、あたしをRTS IIIを確保するという暴挙に駆り立てるのであった。w



c0120439_23152058.jpg
5D mk II EF24-105 F4 L IS USM
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-28 23:44 | 機材
2012年 09月 23日
ニューカマー
ローマ在住の写真家の方から連絡があり近いうち日本に帰るので会いたいとのこと。
中野で待ち合わせ飲みに行く。

彼女はD3使いだ。
2週間後に共同通信の仕事でコソボへ行くので、その前に軽い標準ズームが欲しいそう。
飲みに行く前にフジヤカメラへ。


c0120439_10594978.jpg
X100 PROVIA mode


さて、フジヤカメラでは先生は最近出たニッコールの24-85mmVRを購入されていました。
で、私はというと、EFの広角ズームが欲しかったんですが、残念ながらウインドーは空っぽ。
何日か前に来たときには16-35がゴロゴロしていたのに。。。
ここは、回転が速いのであったときに即買いしなければだめだと悟る。(笑)
仕方がないので、(意味不明。) 最近相場がかなり下がったFM3Aを確保。



c0120439_1103685.jpg
X100 PROVIA mode


フジヤカメラの紙袋を下げて、先生の昔良く行ったという飲み屋に行く。
安くて美味しく、レトロでとてもいい感じ。
焼酎を飲みながら海外で活躍するプロの貴重な意見を沢山聞けて楽しい時間を過ごした。

と、そこまでは良かったのだが、閉店の11時に店を出て、中央線に乗ったものの、新宿から折り返し運転だったのを知らず、気がついたら三鷹にいた。
先生の滞在先の実家は千葉なので当然終電に間に合わない事に。
フジヤカメラで安く上げた分が、タクシー代で飛んでしまったという笑えないオチになってしまった。(汗)


c0120439_1101875.jpg
X100 PROVIA mode


X100のPROVIAモードのスナップをいくつか
(本文の内容とは全く関係ありません。)

なかなかフィルムっぽい絵ではなかろうか。
この11月に発売のXE-1が気になってきた。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-23 11:55 | 機材
2012年 09月 17日
標準レンズV
AF Nikkor 50mm f/1.8 D

スチルを撮る事にしばらくブランクがあってから、初めてのデジタル一眼レフ用に入手した単焦点レンス。
しかも初めてのオートフォーカスレンズだったと思う。どれだけブランクあるんだか。(汗)

息子の運動会に持ち出したコンパクトデジタルカメラが全く役に立たなかったので、よく下調べもせずに購入したのはNikon D80。
そのときデジタル一眼レフの映像素子の主流がAPS-Cだということは知る由もなかった。


c0120439_14372613.jpg
L.A.


さてビックカメラから持ち帰りこのレンズを付けてファインダーを覗いてびっくり。
あれ ? なんか狭いな。
ファインダーも小さいし。え ???



c0120439_14443513.jpg
L.A



その後ネットでレンズの焦点距離が1.5倍になるという事をやっと知って仰天。
つまり、これは75mmというあまりなじみのない焦点距離の中望遠と言う訳だ。



c0120439_14383197.jpg
L.A



そしてこのレンズ、あまりコントラストの高くない写真を量産した。
出てくる画像に潤いを感じられず、乾きを覚えた。
(ここでの作例はコントラストが出ているものをアップしている。)

このレンズ解像感は高いが、以上の理由でデジタル一眼レフの絵にはがっかりさせられた。
このことは、ファインダーの貧弱さとともにあたしを銀塩カメラに戻らせる一つの理由になった。

基本的にf値1.8の明るさの50mmレンズは好きだ。
奥目なのでほとんどフードを必要としないから、コンパクトに持ち運べる。
大抵メーカーの看板である1.4の明るさのものよりシャープに写る。価格も半分くらいだ。

このレンズに恨みはないし、繰り返すがこの明るさの標準レンズは好きだ。
フィルムカメラのF100につければ優秀なレンズに違いない。
が、デジタル時代には別の基準で設計し直す必要が出てきたのだろう。


c0120439_14425447.jpg
L.A


そして絞りリングを外し、超音波駆動モーターを採用した新しい世代の50mm f1.8が2011年にリリースされることになる。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-17 14:48 | 標準レンズ
2012年 09月 09日
X100 ( II)
日曜日、二日酔いなので、早く楽になる為にX100片手に無理矢理散歩に出る。

池袋東口の飲屋街に足を向ける。昭和のかけらが残った一区画。
2008年に人生横町という路地が消えた

あとに何が建ったのか知らずにいたが、3年ぶりに行くとそこにはとてもオシャレな大きなオフィスビルになっていた。



c0120439_2383079.jpg
X100 Provia Mode




同じ場所の2007年はこんな風景。
c0120439_2310594.jpg
Nikon D80 AF-S18-200mmVR



まだあと二つ、ごちゃごちゃと飲み屋が集まった路地があり、美久仁小路と栄町通りという。
戦後の闇市から続く味のある路地はまだかろうじて存在している。



美久仁小路とサンシャイン60
c0120439_23141967.jpg
X100 Velvia Mode



気がついたら中野に。あれ、なんで中野にいるんだオレ。(汗)
この街もちょいと裏へ行くとごちゃごちゃで大好きな町だ。(フジヤカメラがあるからぢゃないよ。)



中野
c0120439_23234864.jpg
X100 Velvia Mode



環六を通って池袋へ。この下を高速道路が走っている。
この通りも随分きれいになった。きれいすぎるよ。味がない。



環状六号線
c0120439_23274116.jpg
X100 Velvia Mode


うーん、Velviaユーザであったことは一度もない。
したがってこの色づくりに関しては何も言う資格がないのでノーコメント。
次はASTIAを試してみるかな。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-09 23:33 | 機材
2012年 09月 06日
FUJIFILM X100
理想のコンデジ探しはまだ続いている。
NEX-5にライカマウントの小さな35mmレンズを装着した時はこれでカバンに常時放り込んでおくカメラは決まったと思っていた。


c0120439_14442638.jpg



しかーし。
使っているうちにじわじわと不満が。
ファインダーがない。
これだ。

その後も悶々としていて、横目でマイクロフォーサーズ機や高級コンデジを見ていたが、これといって気を引くものがない。
CanonのG1X はかなり惹かれたのだが先代より肥大化しているのでパス。

結局発売からもう一年以上経っているX100を入手した。
ファインダーは素晴らしい出来。レンズが出ていないのでカバンの中への収まりは良い。
ボディが小さいのにレンズが出っ張っているSony NEXタイプのほうがかえってバッグの中で持て余してしまう。

手の収まりも良い。大きすぎず、小さすぎず。重すぎず、軽すぎず。
フィルムメーカーのフィルムシュミレーション的な絵作りも魅力的。
これなんか結構ポジっぽくなっているかも。


c0120439_14454637.jpg




換算35mm固定というのも面白い。
いままでもコンデジについていたズームレンズはどうせ広角側しか使わないじゃないか。
ということで納得。(本当は45mmくらいが好みなんだけど。)



c0120439_14592977.jpg





まだほとんど試し撮りしていないけれど、このカメラ難しいですよ、扱いがかなり。
露出はカメラ任せにすると厳しい。単体露出計を持ち出すが吉。
クラシックなルックスなのでスタデラなんかが似合いそう。

デフォだとだいたい明るすぎる傾向。
こちらは露出補正なしで撮った長野の別荘地。



c0120439_15069.jpg




あたしの標準ではー1EVかな。



c0120439_14562358.jpg



木漏れ日。これは-2EVで。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-06 15:02 | 機材