タグ:Apple ( 10 ) タグの人気記事

2011年 10月 07日
ColorClassic
c0120439_174880.jpg


マイ・ファースト・マッキントッシュ。
ある日イタリアの友人にアップルの代理店に連れて行かれた。

「DOSアレルギー患者また連れてきたよ。」

そう友人が言ったのを今でも憶えている。
もうずっと昔の事のようだけれど、このマックの発売は1993年。
もっともっとずっと長い付き合いだと思っていたけれど。

あたしもマッキントッシュというコンピューターに出会って人生が変わった一人。
あのとき初めて見る小さなモニターに映し出されたデスクトップには「Macintosh HD」と書いてあるハードディスクのアイコンとゴミ箱のアイコンがあり、ゴミ箱の下にはイタリア語で「Cestino」って書いてあった。
静かで、美しかった。

そしてそのもの静かな世界はその前に座る人の無限の可能性を映し出したんだ。

ジョブス氏のご冥福をお祈りします。
[PR]

by 08eMezzo | 2011-10-07 01:42 | 機材
2011年 09月 22日
アルバム
画像データーを整理したもう一つの理由はこれ。


c0120439_177145.jpg



アップルのプリントサービスを利用して作った写真集。
今回は今年と去年の夏の家族旅行のアルバムを作成、注文した。


c0120439_1782219.jpg



デジタルの写真、自分のパソコンに抱え込んでいるだけではなかなか家族が鑑賞出来ない。
以前一冊作成したら、ヨメや息子はもちろん、両親も孫の写っている写真集を楽しんでくれた。


c0120439_1794016.jpg



色々なフォトブックを作るサービスがあるが、デザインの良さはやはりアップルのサービスが飛び抜けて良い。
これでもう少し印刷の品質が良ければ完璧だが、オンデマンドの簡易印刷ではこれが限度だろう。家族のアルバム用途には素晴らしいけど、自分の写真作品集には今ひとつってところかな。


c0120439_1775975.jpg



33cmX25cmの大きさで、ハードカバーのしっかりとした装丁、20ページで5,300円、追加1ページ150円。
この価格をどう思うかですが、あたしは断然安いと思いましたよ。

またパソコンを車で轢いちゃって、画像データーが消失してもこれだけは残るだろうからね。(ぷぷ。)
[PR]

by 08eMezzo | 2011-09-22 17:28 | 日記
2011年 07月 04日
Apple TV
少し前にテレビを液晶にしたのを機に、前から気になっていたAPPLE TVを導入しました。
iTune ストアから映画をレンタル出来たり、YouTubeにアクセスして動画をTVの大画面で見る事が出来ます。

ま、この程度の機能だけなら最近のテレビは本体だけで出来るでしょう。
しかし、このAppleTV、手持ちのマックに溜め込んだ写真や動画、音楽ファイルにもアクセスしてテレビで再生してくれるのです。

マックユーザーは必携でしょう。
くだらない番組を見たくない時は写真をスライドショーにしてiTuneのお気に入りのBGMを流してみたりします。

c0120439_1542642.jpg


さて、テレビの大画面で再生出来るようになってYouTUBEにアクセする機会が激増しました。
もうこれは楽しくて仕方ありません。

昔よく聴いたミュージシャンの演奏を片っ端から見ています。
クラシックやジャズも聴きますので音楽についてはわりと雑食なのですが、やはり若い頃はロックがメインになります。
中学生の時に、ご多分に漏れずサイモン&ガーファンクルからビートルズへ、そしてその後は本格的にロックを聴き始めるのですが、あたしがティーンエイジャーだったころの音楽的背景をちらっと説明いたしますと。

中三の時にクイーンの初来日のコンサートに行きました。
またディープパープルの『紫の炎』というアルバムが発表されます。タマホームの曲の元ネタです。

高1のときにエアロスミスがToys in the Atticというアルバムで大ブレイク。

高2のときに『レッドツェッペリン熱狂のライブ』という映画が公開されました。

高3の時にはヴァン・ヘイレンの初来日のコンサートに行ったと思います。

同じ年、フリートウッドマックのRumorというアルバムがミリオンセラーになります。
その後、ポリス、U2などが続々出てきますがいやあなかなか濃い時代でした。

高校の一年でジャズ研という部活に入り、あたし自身もギターをかき鳴らし始めますが、ちなみに放課後友達と喫茶店で飽きもせずくっちゃべっていた時、有線で背後に流れていた日本の歌謡曲はこちらでした。

年下の男の子 / キャンディーズ
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ / ダウンタウン・ブギウギ・バンド
いちご白書をもう一度 / バンバン
時の過ぎゆくままに / 沢田研二
なごり雪 / イルカ

あはは、なつかしいですね。
さて、僕がイタリアという国を強く意識するようになる原因になったバンドがあります。
それはこちら。

Premiata Forneria Marconi
[PR]

by 08eMezzo | 2011-07-04 17:56 | 音楽
2008年 08月 25日
最後のPowerBook
Apple Store Ginza
c0120439_13103716.jpg
EOS30D



銀座アップルのマック・ジーニアス(すごい名前)に予約を取って、調子の悪くなったPowerBook2台を持って行く。一台はヨメのPowerBookG4 12inch、診て頂くと、ハードディスク御昇天だそう。必要なデーターがまだ救出出来る状態だったので、CDに焼いてもらう。もうこの大きさのコンパクトな機種は存在しないので、モバイル用としてキープする事に。HDの換装をお願いする。

問題はもう一台の15インチG4/1.67Ghzのモデル。この3年、世界中を共に旅した相棒だ。
電源を入れるとなぜか、逝っちゃったはずのHDが認識されている。。。
ジーニアスの方がHDを初期化して OSをインストールし直し、その後発せられたお言葉は、なんと、


『全く問題ありませんね。』


『え? でも、XXX で○○○で△△△だったんですよ。で、全く起動しなくなって。あちちだったんですから。。。。』


問題がないと言うものを修理してくださいと置いてくることも出来ず。。。15インチが2台になっちゃったなあ。

このPowerBook気に入っていました。なぜなら、PowerBookという名前を冠する最後のモデルだったんです。その後マックブックという、ハンバーガーみたいな気が抜けた名前になっちゃって、しかもCPUがインテル入ってる、になってしまうのです。

別にインテルに対して恨みはないが、アップルが当時の宿敵IBMと協力して作り上げたPowerPCというCPUの継続採用を断念するというそのことに時間の流れを感じたものです。

新しいCPUを共同開発するためにアップルの技術陣と、IBMの技術陣が初顔合わせをするところは今や伝説ですな。
アップル側はIBMに敬意を払い、慣れないスーツ姿で、IBM側はやはり、アップルに敬意を払いジーンズ姿で。
会議室で対面、互いに対する気遣いに感動した両チームはその後非常にスムーズに会議を進めたとか。。。。

そんなオヤジの感傷に答えてくれたのか、

最後のPowerBook復活。
[PR]

by 08eMezzo | 2008-08-25 13:14 | 機材
2008年 07月 27日
MacBookPro イタリアヴァージョン 2
最初に電源を入れたあと、セットアップの画面で、『主に日本語を使用する』を選択すれば、あとは日本語環境になる。イタリアで買ったマックでも、だ。
これはすごい事だ。マックのこのマルチリンガルなところが、母国語圏を離れて生活する人々をどれだけサポートするのか計り知れないと思っている。実際私がそうだった。

c0120439_0123333.jpg


近くの量販店で買わず、わざわざイタリアで買ったのはこのキー達のせいでもあります。
仕事で結構イタリア語をタイプするのでこのアクセントが付いたキーの存在は嬉しい。

ワープロソフトのスペルチェックのための辞書を英語からイタリア語に変えて、スペルチェックを実行し、アクセント記号がついていないのを指摘されたら、正しいスペルの候補を選択するという方法もあり、今まではそのようにしていた。
が、やはり最初っから正しいキャラクターをタイプ出来たほうが精神的に良い。

c0120439_0121880.jpg


ファインダーのプルダウンメニューから、キーボードの選択をItalian-Proという入力ソースを選択する。このキー配列は、この5−6年くらいで出てきた新しいキー配列。

古いオリベッティのタイプライターなどは、Qキーの右隣、Sキーの上はZキーだった。
イタリア語は比較的Zをよく使うので使いやすいところに持ってきてあり、それがイタリアらしくてとても好きであった。
今は、なぜか英語キーの配列と同じになり、アクセント付きのキャラクターはリターンキーの近くに追いやられている。
イタリア人も英語をタイプする機会が増えたと言う事だろうか。。。

c0120439_037349.jpg


などと考えていたら、帰路、パリのシャルルドゴール空港にiMacを発見、早速キーボードを見てみると。。
フランス語でも比較的Zは使うのでやはり上に配置されている。イタリア語キー配列クラシック版にくらべて大きく違うのはQキーとAキーも入れ替えられ、Aキーが上に配置されている事だ。
ふむふむ。なれれば使いやすいだろうな、このキー配列。今度お土産にフランスでキーボード買って帰るのもありかも。
[PR]

by 08eMezzo | 2008-07-27 00:56 | 機材
2008年 07月 26日
MacBookPro イタリアヴァージョン 1
さて、無事イタリアにてMacBookProをゲット致しましたので、レポートです。

私の希望モデルは日本のアップルオンラインストアにて、

MacBookPro15インチ2.4Ghz               249,800円
ハードディスク200GB Serial ATA @ 7200 rpm   プラス 11,760円
クリアワイドスクリーンディスプレイ        プラス 0円
バックライトキーボード (US)            プラス 0円
で、しめて合計261,560円

前もってUSキーボード以外の上記のオプションをメールでリクエストしておいたのですが、フィレンツェのアップルの代理店に行くと、(ここには随分お世話になりました。)

『イタリアではクリアスクリーンはほとんどリクエストないんだよね。』
あっそう、じゃ普通のでいいや、と私。

『回転数の早いHDも動画が少し扱いやすくなるくらいであまり意味ないよ。』
あっそう、じゃ普通のでいいや、と私。

なんだよ、全くのノーマルじゃん、ということでRAM を4GBに増設してもらい、久しぶりのイタリア式の雑な商売にどっぷりつかり、懐かしいと言うか、なんていうか、まったくの脱力系のお買い物でした。(大笑)

で、肝心の金額はと言うと、本体価格 €1599.17 プラス IVA(付加価値税) €319で、日本円に直すと

326,230円

IVAを引いてくれるように言ってあり、パリの税関でINVOICEにスタンプを押してもらい、免税手続きをしましたので、後でIVA分が戻ってくる予定。従いまして、

約272,000円(メモリー2GB増設17,000円込)

にて購入出来ました。値段は、IVAさえ何とか出来れば日本で買うのとまあ、あまり変わりがないでしょう。
細かい違いについては次回に。

c0120439_1573528.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2008-07-26 15:08 | 機材
2008年 07月 08日
MacBookProがありません。
先週末アップルストアに電話をしてオーダーしようとしたら、納期が出張に間に合わない事が判明。
近くのビックカメラの在庫を買えばいいようなものですが、私には一つこだわりがあって、それは、

『日本語のJISキーボードが許せない。』

ということなのです。せっかくの優れたデザインのマックを日本語JISのキーボードは台無しにしてしまうと思っており、いつもアップルに直接オーダーしてUSキーボードにしていたのでした。

で、週末イタリアの友人と国際電話で話していてふとひらめいた。
そういえばこいつが俺をマックユーザーにしたんだっけ。

スティーヴ・ジョブスはまだ復帰しておらず、アップルはほとんど倒産するんじゃないかという時期で、CPUがモトローラの040系だったころのマック。NECのDOSマシンを使っていた私にColor Classicというマックを導入させたのは彼だった。

最近彼はCADを使うのでウインドウズユーザー。まだアップルの代理店と付き合いがあるか、と聞くと、"Certo ! (もちろん !)"との力強いお言葉。

かくして、7月15日にフィレンツェのアップルの代理店で、無事、MacBookPro 受け取ることになった♪。

当然キーボードにはイタリア語のアクセントのついた母音がある。これでアクセント記号が必要な時の煩雑さから解放される。そのことがちょっと嬉しかったりする。


c0120439_10481717.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2008-07-08 10:49 | 日記
2008年 07月 04日
Power Book G4が。。
3年間世界中を一緒に行動したPowerBookG4様がついに力尽きたご様子。
後任機が来るまでちょっとタイムです。(大汗)

[PR]

by 08eMezzo | 2008-07-04 22:01 | 日記
2008年 07月 04日
最近のお気に入り
c0120439_6392055.jpg

最近走るようになったので、必需品になったアイテム。
以前に一度iPodは導入したが、ハードディスク内蔵型のものは少し重くかさ張るので結局カーステレオになってしまっている。

男はこういう道具に色々な付加機能を期待するもので、ここまで機能をそぎ落としているとなかなか興味がわかなかったりする。特にiPod touchなんか触ったりしたら。。。

実際に買ったのはヨメさん。キッチンに音が欲しいと外部スピーカーとセットで使う予定だった。で、ちょっと外に走りに行く時に拝借したら、私の方がハマってしまった。

こいつをT-シャツにクリップして走る街は格別だ。新しい表情とともに街が蘇り、走る事がとてつもなく楽しくなる。

SonyになりたくてSonyを目指したApple。
我々をワクワクさせる事において、もうだいぶ前にSonyを超えちゃっていますね。
[PR]

by 08eMezzo | 2008-07-04 06:59 | 機材
2008年 06月 18日
ハードディスクがああ
どーもおかしい。起動に30分くらいかかる。
異常に気付いたのは数日前。
写真のファイルが多くなり、ディスクの残りも10%位になっていたので、なんとかしなければとは思っていた。

元々PowerPC G4というCPUはものすごい発熱量だが、今このPowerBookは冗談抜きで火傷しそうな熱さになっている。これはやばい。速攻でHDを買いに行った。

750GBのFireWire 800端子付きをGET。
おおすごい。フロッピーディスク57万6千9百23枚分だ !って計算している暇はないぞ。
すぐに大事な大事なデーターを移動する。

このデーターが逝っちゃったら4年分のデジタルカメラの写真と、俺の100億円のビジネスデーターがあー。

(金額はオーバーです念のため)
結果。

セーーーーフ!!!!

データーをコピーしたあとすぐPowerBookの内蔵HDは御昇天。
あっぶねえ。あっぶねえ。
みなさん大事なデーターはこまめにバックアップしましょうね。

c0120439_14124963.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2008-06-18 14:28 | 日記