タグ:EOS 5D Mk II ( 31 ) タグの人気記事

2013年 05月 31日
View of Vatican City from Tiber Liver - Rome
テベレ川よりバチカンを望む

c0120439_052739.jpg
March 2012
[PR]

by 08eMezzo | 2013-05-31 00:56 | 日記
2013年 04月 26日
EOS 5D mark II 購入ご検討の方
----4月26日追記----
おかげさまで、可愛い5D2は嫁いで行きました。
無くなってみると、良いところばかりが思い出され、喪失感は相当なものです。
名機だよなあとあらためて思います。

c0120439_11311969.jpg
EOS5D Mark II EF 24-105mm F4

業務連絡です。(笑) 5D mark IIをお譲り致します。
非常に繊細な描写をし、高品位の美しい発色の絵を作り出す名機で、風景では1DXより好ましい描写をすると思っています。
できれば持っていたいのですがこの度、新たに(カメラでない)機材を購入するため資金が必要になりました。
ヨメ殿には現在ある機材を少し整理することでOKを出してもらいました。(笑)

ヤフオクなどに出す前に、このブログをご覧になった方(たまたま見ちゃった方も含め)にまずはオファーしたいと思います。
使用期間は一年に満たない上、ファイルの連番を信じるのなら総ショット数は3,500ショット程度。
(フィルムの撮り方が抜けていないので、多分そんなものでしょう。)
その間、ヨーロッパには2度、アメリカに1度行っています。
移動距離は多いですが、外装もアタリ、塗料はがれなどはありません。
ショット数も多くないあまり使い込まれていない個体を探しておられる方には最適と思います。

購入は2012年の一月、10月には1DXが家に来ていますので、実質10ヶ月程の使用、
付属品全て&元箱付。
ストラップは別売の和風柄のものを使っていたので、付属の純正ストラップは未使用です。

お値段の方ですが現在このカメラの相場、新宿地図カメラで、良品の下取りが63,000円。中古店頭価格が113,000のようなので
ちょうど中を取ると88,000円。切りのいいところで80,000円ではいかがでしょうか。
ファインダースクリーンEGーSも一緒に付けます。

ご興味がある方は鍵コメにて。

c0120439_11364174.jpg


c0120439_13142596.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2013-04-26 13:45
2012年 12月 27日
ユニフォーム 5 駅にて
人が沢山集まる場所ゆえ、トラブルも多い駅。
そんな駅構内で見かけた警官達。


c0120439_2224971.jpg


こちらは11月の末に訪れたロンドンはヴィクトリア・ステーション。
スリか置き引きをまさに取り押さえたところ。


c0120439_2264551.jpg


ローマ・テルミニ駅の警官。セグウエイに乗っているのが新し物好きのイタリアらしくていいです。

ユニフォーム4はこちら
[PR]

by 08eMezzo | 2012-12-27 22:13 | 日記
2012年 09月 28日
水上バス
一週間程前、水上バスに乗る機会があった。
お台場の海浜公園から浅草行き。

この日はヨメ殿と一緒だったのでPlanar 85mm F1.4を持ち出し。久しぶりにヨメ殿を撮ってやろうと思っていた。
しかしよく使う50mmから85mmに持ち替えると、マニュアルでピント合わせをするのはその焦点距離のわずかな差以上に急に難しくなる。

特に、5DIIでマニュアルレンズのピント合わせは事実上不可能に近いので、あたしは1D系のクロススプリットEc-Lというスクリーンに交換している。海外の業者が1D系のスクリーンを5D用に加工したものだ。


c0120439_23114259.jpg
5D mk II Planar T* 85mm F1.4 MMJ


しかしそれでもピントをあわせるのは難しい。
ズミクロンR50mmは普通に使えたのだが、P85は手強い。
結果へたれの私は奥方のポトレを早々に諦め、P85の無限遠のテストに変更(爆)


c0120439_23132928.jpg
5D mk II Planar T* 85mm F1.4 MMJ


f5,6あたり。非常に解像感のある絵になる。
コントラストは最近のレンズに比べるとあまり高くない。
ドイツ製より日本製の方がコントラストが高いと言う人がいるが実際はどうなんだろう。
(作例はトーンカーブを少しいじっている。ちなみにこのレンズは日本製)
諧調は出ているように思えるので、こりゃあやはりフィルム、それもポジで撮るのが一番このレンズにとってはうれしいのかもしれない。

ま、コレくらい写る最近のレンズはたくさんあるだろうから、わざわざMFのクソ重いこのレンズを持ち出す必要はないと思われる。
このレンズを活かすには別のシチュエーションがあるだろう。すぐあきらめたポトレとかね。(笑)



c0120439_231454.jpg
5D mk II 5D mk II EF24-105 F4 L IS USM


こちらはEF24-105mm

当たり前の事だがMFレンズを使いこなすにはMFカメラ使う方がよっぽどピントが合わせやすいだろう。
(1.4のPlanar 85mmについてはその限りではないというウワサは良く目にするが。。。)


c0120439_23145874.jpg
5D mk II EF24-105 F4 L IS USM


という訳で、この日奥方のポートレートが撮れなかったというフラストレーションは、あたしをRTS IIIを確保するという暴挙に駆り立てるのであった。w



c0120439_23152058.jpg
5D mk II EF24-105 F4 L IS USM
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-28 23:44 | 機材
2012年 08月 31日
路地
先回のエントリー、ファン限定などと閉鎖的ですみません。
他人の子供のアップの写真があったので限定にさせていただきました。
EF200の素敵な描写見るため是非ファンになってください。(笑)


c0120439_1811723.jpg



さて、今回はじゃじゃ馬との評判のヤシコンのPlanar 85mm/1.4で路地を撮った写真です。
ガラスの固まりを持って歩いているようで重くて肩が凝りました。


c0120439_1881072.jpg



ヘタレの私は重いしピントが難しいのでしばらく使わなかったけど、5D2にアダプターで付けて改めて挑戦することに。


c0120439_1874251.jpg




どうなのかな。プラナーの純水的なクリアさは判りますが、もう少し濃い描写をするレンズが好きかも。
次の写真だけSummicron R 50mm F2です。


c0120439_18115159.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-08-31 18:12 | 日記
2012年 08月 26日
EF200mm F2.8 L USM
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by 08eMezzo | 2012-08-26 11:15 | 機材
2012年 08月 15日
ブライダルフォト
イタリアのビジネスパートナーの結婚式に出席したため今回の出張は1ヶ月以上と長くなってしまった。
結婚式の証人として指名され、司祭の前で署名をする役を仰せつかった。
その上、ブライダルフォトまで頼まれた。いったいどこまで人を使うんだか。
ま、頼まれなくても写真は撮ったろうけど。

c0120439_16484717.jpg



式を行ったのはキャンティにある、建ててから400年は経っているであろう古い小さな教会。
こじんまりとした素敵な結婚式でした。

新郎新婦が結婚の誓いを宣べ合った後、司祭が差し出す分厚い結婚証書にサインをして式は無事終了。
重要な役目を無事終えたのであとは写真。。。。


c0120439_16473591.jpg



さて、頼まれてみたものの日中ストロボを使うという習慣がない私は、今回ストロボの設定に悩みました。
それとC社のストロボのオートの調光精度は今ひとつというところで、液晶を見ながら本番中忙しく設定を変えるはめに。

c0120439_1723446.jpg


やはりきちっとマニュアルでもストロボを炊けるようにならなければいけませぬ。
何事も付け焼刃はいけません。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-08-15 16:57 | 日記
2012年 07月 19日
Ponte Santa Trinità
仕事を終え夜8時くらいに街に出る、前回よりよりもっと夕暮れに近く、
色温度はさらに高くなったころサンタ・トリニタ橋に到着。
この橋を少し撮る事にした。


c0120439_1731664.jpg




橋のアーチの下側のラインはミケランジェロの彫刻のエレメントが使われている。
全体の造形に緊張感がありシンプルで美しい。
フィレンツェで一番美しい橋だとの事だが、多分世界的にも一二を争う際立った建造物だと思う。



c0120439_173444.jpg




c0120439_1795875.jpg




c0120439_174075.jpg


橋の上からお隣のヴェッキオ橋を写す

c0120439_1742193.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-07-19 17:11 | 日記
2012年 07月 09日
黄金の光
緯度が高いからだろうか。
夏のヨーロッパの日暮れ前の光の美しさは格別だ。
金色で透明感のある光。

c0120439_5193222.jpg


特にアペニン山脈以南は湿気がすくなく光が強いため、コントラストが高く、素晴らしい陰影を作ってくれる。
コントラストが高すぎて、ともすればポジフィルムや、ダイナミックレンジの狭いデジタルカメラでは写し取るのが難しいほどに。


c0120439_5131443.jpg



風光明媚ということもあってロケーションには困らないらしくドイツ車のカタログは大抵この辺で撮影される。



c0120439_514526.jpg




c0120439_5204937.jpg



カラバッジョの描く明暗はこういう光があるから生まれてくるんだな。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-07-09 05:26 | 日記
2012年 07月 05日
暑い
出張3週目
連日30度を超す暑さで倒れそう。
今日は34度。先週は40度近く上がったし。
日差しは突き刺すようで、肌が痛い。

これなら雨ばかりでも日本の方が過ごしやすいかも。
日本はうっとうしい季節だなんていって罰が当たりました。すみません。

バカンス中なら最高だけどね。

c0120439_18375562.jpg




c0120439_18384689.jpg




c0120439_1841216.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2012-07-05 18:43 | 日記