2009年 04月 26日
超手抜きレシピ
我が家には『乞食ライス』なるレシピが伝わっています。

広島原爆記念日に生まれたワタシに『爆』という名前を付けようとした、おちゃめな叔父の創作になる一品。
その後、子ども達になんとか野菜を食べさせようと腐心していたワタシのお袋の支持を得て一挙に幼少期の我が家の定番メニューとして普及致しました。

そして世代が変わり、週末の料理担当のパパは、いつもどうやって料理の手を抜くかに腐心しており、ある日(さっきだけど)

お、そうだ『乞食ライス』があったっけ !

となかば忘れ去られようとしていたレシピを思い出し、リバイバルヒットさせようと画策した土曜のランチだったという次第です。


-- ガット家秘伝『乞食ライス』の作り方。--

用意するもの。
ごはん。
大量のキャベツの千切り
コーンビーフ

醤油
みりん、砂糖


c0120439_17394454.jpg




c0120439_17382138.jpg


出来ればご飯はアツアツで。

c0120439_17401047.jpg


キャベツの千切りは頑張って細く細く。ご飯の上にこれでもかっていうくらい載せます

c0120439_17384339.jpg


後はほぐしたコーンビーフを載せるだけ。
あはは、料理と呼べるのか、これ。

熱いご飯にキャベツの千切りがしんなりとなって、大量のキャベツを摂取できます。
子どもの頃はこれに醤油を回しがけていましたが、昨今の基準では塩分が強すぎるので、みりん、砂糖を加えて煮立て、醤油を甘辛仕立てにして少し薄めたものを汁として回しかけします。
マヨラーはマヨネーズでもいいかも。


おいしいよ。(しかしなんで乞食なんだ。)
[PR]

by 08eMezzo | 2009-04-26 00:01 | 食べ物


<< Provia 100F      古い写真から3 >>