2011年 06月 13日
理想のコンデジ
もう3年くらい画質の優れた理想のコンパクトデジタルカメラを探していて、
オリンパスPEN EP-L1が出たときには胸がときめき、
標準域の単焦点レンズをつけたAPS-C ファヴェオンセンサー搭載のシグマのDP2は本当に悩みました。
(まだ欲しかったりするけど。)

あたくしのコンパクトデジタルカメラ望む条件は
1)大型センサー搭載、出来ればAPS-C
2)レンズ交換式、固定であれば標準域の単焦点。
3)コンパクトでカバンに無造作に放り込める事。

これを満たしたのが、NEX-5だったのだが、
発売してすぐソニーのショールームで手に取ってみると、液晶表示の字があまりにも細かくて最近酷くなった老眼にはきつかったので、何となく購入意欲が萎えてしまっていた。
しかし、他に条件を満たすものがすぐ出る気配はなかったので、仕事で必要になったのを機に導入した。
(買ったとたんにオリのZX-1とかフジのX-100とか出て焦ったけど。)

しかしキットのズームレンズでは、コンパクトとは言いがたく、もう一つの換算24mmの広角レンズは普段使いにはあまりそそられないので、色々検討して、多分現在比較的入手が容易なものでは一番コンパクトに纏まるであろうレンズを導入した。

ジャジャーン、フォクトレンダー・COLOR SKOPAR 35mm f2.5である。
どうやらあたくし的に、上記の条件を満たすコンパクトなセットが完成したように思う。
レンズフードを外せばさらにコンパクトになる。
c0120439_1251087.jpg


早速試写。
開放からコントラストは高い。
しかし、気になるのはNEX用とはいえ、初めてライカMマウントのレンズを買ってしまった事。
なんかとても危険な、そして取り返しのつかない行為だったような気がするのはなぜ ?!!!!

c0120439_1364291.jpg

[PR]

by 08eMezzo | 2011-06-13 01:48 | 機材


<< 雨ですね。      NEX-5 with Supe... >>