2012年 09月 17日
標準レンズV
AF Nikkor 50mm f/1.8 D

スチルを撮る事にしばらくブランクがあってから、初めてのデジタル一眼レフ用に入手した単焦点レンス。
しかも初めてのオートフォーカスレンズだったと思う。どれだけブランクあるんだか。(汗)

息子の運動会に持ち出したコンパクトデジタルカメラが全く役に立たなかったので、よく下調べもせずに購入したのはNikon D80。
そのときデジタル一眼レフの映像素子の主流がAPS-Cだということは知る由もなかった。


c0120439_14372613.jpg
L.A.


さてビックカメラから持ち帰りこのレンズを付けてファインダーを覗いてびっくり。
あれ ? なんか狭いな。
ファインダーも小さいし。え ???



c0120439_14443513.jpg
L.A



その後ネットでレンズの焦点距離が1.5倍になるという事をやっと知って仰天。
つまり、これは75mmというあまりなじみのない焦点距離の中望遠と言う訳だ。



c0120439_14383197.jpg
L.A



そしてこのレンズ、あまりコントラストの高くない写真を量産した。
出てくる画像に潤いを感じられず、乾きを覚えた。
(ここでの作例はコントラストが出ているものをアップしている。)

このレンズ解像感は高いが、以上の理由でデジタル一眼レフの絵にはがっかりさせられた。
このことは、ファインダーの貧弱さとともにあたしを銀塩カメラに戻らせる一つの理由になった。

基本的にf値1.8の明るさの50mmレンズは好きだ。
奥目なのでほとんどフードを必要としないから、コンパクトに持ち運べる。
大抵メーカーの看板である1.4の明るさのものよりシャープに写る。価格も半分くらいだ。

このレンズに恨みはないし、繰り返すがこの明るさの標準レンズは好きだ。
フィルムカメラのF100につければ優秀なレンズに違いない。
が、デジタル時代には別の基準で設計し直す必要が出てきたのだろう。


c0120439_14425447.jpg
L.A


そして絞りリングを外し、超音波駆動モーターを採用した新しい世代の50mm f1.8が2011年にリリースされることになる。
[PR]

by 08eMezzo | 2012-09-17 14:48 | 標準レンズ


<< ニューカマー      X100 ( II) >>